2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月28日 (日)

休日の雨

内耳の血液と同調する様に

浅い眠りの向こうから

心地よい雨音が聞こえてくる

こんな時はいつまで過っても

布団から出たくない

そんな雨。

九州は梅雨入りですか?

「雨の名前」と言う本を開いてみました。

Photo_7

梅雨は陰暦の5月の『五月雨』

憂鬱な季節の雨は『小乱れ(さみだれ)』

昔の歌人はこの季節をこの小乱れにかけて恋の情緒を詠んだのだそうです。

俳諧の世界では、豪快な自然を詠っています。

『万物生(ばんぶつしょう)』

春の雨。すべての生きとし生けるに新しい命を吹き込む雨。

今年は雨の多いこと。

我が家の庭は見事に生き生きと、青々と命が育ち、休日は草取りに追われ・・・

でも、今日は雨。折角の命、絶やさないで済む・・・

田植えの終わった季節。

麦がもうすぐ穂をつける。

そんな季節、詩人の立原道造は東京江古田のサナトリウムの窓から青み始めた麦畑を見つめながら24歳の生涯を閉じたのだそうです。

「五月の風をゼリーにして持って来てください」

とつぶやきながら。

あ、雨やんだ・・・

BGMに♪四人囃子の「PRINTED JELLY」

を聞きながら、コンビニにゼリーを買いに行って来ようか。

その前に草取り・・・

2006年5月22日 (月)

午後のお茶ですよ~

久々に、レースの結果など( ^^) _旦~~

  【MotoGP 中野真矢】

3/26 スペイン/ヘレス     予選 4位  決勝  7位
4/8  カタール/ロイサル    予選 9位  決勝 11位
4/30 トルコ/イスタンブール  予選 8位  決勝  8位
5/14 中国/上海         予選 4位  決勝 10位
5/21 フランス/ル・マン     予選 2位  決勝 12位

トラクション不足などの問題を抱えていたが1発の予選であれば上位は期待できるが、レースとなると、予選グリットより前に上がる事が出来ない。
どうしたの~??
今回のフランスGPは、ジャンプスタートと判断され、一度ピットレーンに入りそこから復帰すると言うペナルティを科せらてしまった(T_T)
6台目当りを走行していたけど、このペナルティで15位まで順位を下げてしまいました。
何度ビデオを見直しても、スタートで出遅れたのは良く分かるが、フライングした形跡は見当たらないよ。
しいて言えば、スタートのランプが消える少し前に右側の手の方がなんとなく動いたか、風で何かが揺れていたかの、ほんの僅かな ”何か” があった気がするけど。

水泳のフライングは1発失格です。身体がピクッとしただけでも。
厳しいな~。
これにめげずに頑張って欲しいよぉ。

  【WEC世界耐久選手権  北川圭一】

4/17 オランダ/アッセン500km  予選 Pole 決勝  優勝
4/23 フランス/ル・マン24h      予選 Pole 決勝  2位
5/20 スペイン/アルバセテ8h  予選 Pole 決勝  優勝

北川さん38歳、素晴らしいです!
ル・マンは二人目北川さんになって数週でハイサイド転倒し、一時は49位まで順位を落とすも、物凄い追い上げをし、2位でゴール。
鈴鹿8耐も、このWECの一つなので、一番の難関が日本の鈴鹿8時間耐久レースかも知れない!

  【CEVスペインロードレース選手権 大谷和也】

5/7  スペイン/アルバセテ   予選 21位 決勝 11位

前日に転倒してしまったらしいけど、良く頑張りました(^o^)丿
スタート位置が中程だと、スタート直後はひしめきあって転倒が心配でしたが、大丈夫のようでした。
次のレースが楽しみですね!

  【BSBイギリススーパーバイク 清成龍一】

3/26  Brands Hatch indy H1 4位 / H2 優勝
4/9   Donington Park     H1 2位 / H2 リタイヤ
4/17  Thruxton         H1 3位 / H2 4位

5/1   Oulton Park       H1 6位 / H2 5位

5/21  Monedello Park    予選 Pole  H1、H2 雨のためキャンセル

イギリスに進出して2年目。

私が初めて鈴鹿に行って、初めてサインを頂いた選手です。

昨年まで8耐では宇川徹さんと「セブンスターHONDA」から参戦し、連勝をしています。

今年も帰って来るのかな?

  【BSSイギリススーパースポーツ レオン・キャミア】

3/26  Brands Hatch indy 予選 7位 決勝 5位
4/9   Donington Park     予選 4位 決勝 リタイヤ
4/17  Thruxton         予選 Pole 決勝 4位
5/1   Oulton Park       予選 2位 決勝 リタイヤ
5/21  Monedello Park    予選 5位 決勝 雨のためキャンセル

内容・・・( ^^) _旦~~
レオン君は今年も鈴鹿8時間耐久レースに参戦します。
MORIWAKIから、森脇尚護君と組んでの参戦です。

2006年5月17日 (水)

例えばこんなサプライズ

なんと!県知事候補に「小林照幸」さんの名前が上がっていました。
小林照幸さんと言えば・・・。

佐渡の人達と、トキとの関わりを取材した「朱鷺の遺言」の著者で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しています。

私が初めて小林さんの本を手にしたのは「毒蛇」

Photo_6

こちらは第一回開高健賞奨励賞を受賞しています。
我が家には爬虫類関係の図鑑が何故か数冊あり、その中の一部になっています。
この本が話題になった頃、これを元にして小林さんのドキュメンタリーみたいなのが放送されていました。

このドキュメンタリー番組に小林さんも同行し、九州の奄美大島か、沖縄に行って、夜、ハブを捕まえに行くんですね~、
偶然ですが、それも見ています(^‐^)v

小林さんは毒ヘビを研究するに当って、それまで通っていた大学を中退。
ヘビ毒の研究をするには、薬学部が良いと言う事で明治薬科大学へ。

この本はハブの血清を作るための試行錯誤を取材した長編ノンフィクション作品です。
後半は世界の毒ヘビの事も書いています。
それを読んでいると、キングコブラは私でも捕まえられるのではないか?と言う錯覚をおこしそうです。

当然、捕まえられる訳ありませんが(ーー;)

南米で某有名プロレスラーが毒ヘビに噛まれて大変だったと載っていたので、思わず「ト○ビ○の泉」に投書しましたが何故か(当たり前?)、ボツ!
ま、いいさ。

毒ヘビへの関心は、小学校の時にデパートで開催された「世界の毒ヘビ展」に行った事から興味を持ったとの事。
実は、私も小学生の頃にそのデパートに毒ヘビを見に行っているんですね~(^_^;)

多分、隣で見ていた男の子がそうかも知れない・・・。いや、嘘ですすいません。
「毒ヘビ」と言うと、怖いと言うイメージがあるけど、ガラスケースに入っていると言う安心感もあってか、それ以来動物園に行けば必ず爬虫類館に足を運んでしまいます。

私も魅せられた一人か?その後に生きているわけでは無いけど。

賞などを受賞した後、信州大学経済学部に入学しています。
現在38歳。

そんな小林照幸さん、今回の知事選で長野の市民団体から要請を受けているとか。本人の意思は昨日の段階ではまだ決まっていません。

ちょっと思うには・・・

現、田中康夫知事は松本出身の作家。松本深志高校卒
小林照幸さんは長野市出身の作家。長野高校卒

ここで見えてくる、松本 対 長野

想像ではありますが、何か因縁めいた物を感じる方もいらっしゃるのでは。
そんな事に小林さんを巻き込んで欲しくないよぉ(T_T)
いや、妄想です。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/kikaku/034/6.htm

http://info.shinmai.co.jp/2006chijisen/2006/05/11_001550.html

2006年5月12日 (金)

Suzuka2&4<最終Lap>

あれから1ヶ月過ぎました。
記憶が薄れて行きそうな中、必死に思い出して書いています(~_~;)
では、決勝日のピットウォークの続きから。

柳川さんのピット前でしばらく待つも中々出て来ないので、もう少し奥まで行ってみる。
何やら賑やかな声がマイクを通して聞こえて来る。ああ、そう言えば先ほど行われた「F3」の表彰式だ。

何もピットウォークの時間に重ねなくてもと思ったが4つのカテゴリーを一日で行うので仕方が無いのか。
・・・と考えていると空から雨が。
「へっ?」
上を見上げると、ピットの上の台で表彰式のシャンパンが開けられていた。
慌ててその場を離れるも、フルーティーなビールみたいな匂いが服についてしまった(ーー;)
某地ビールの「ピルスナー」の感じ。
そうそう、この地ビール。ピルスナーは白色。ドゥンケルンと言う黒ビールも美味しい。
鈴鹿に来る2日前にこのビールを求め山奥まで行った所、そこのお姉さまに「今ね、これが期間限定で美味しいのよ」と試飲を勧められ、遠慮しながらもちょっとだけ(*^_^*)
で、ある野菜のジュースでアルコールを薄める事を勧められ試飲したのが、また美味しい!
で、で、このワインもあると言うので、試飲
野菜と言えばアノ野菜のジュースも出たと言うので、試飲
この野菜のワインはかつては不味かった。と話したら「今はね、改良されて・・・」と説明され、試飲
次に家に買って帰る物を探していたら、『女性に人気の地ビール』と書いたまた違うビールに足元を止められ、・・・試飲
これってマズイんでないかい?
あ、マズイって不味い方じゃ無く、その時置かれていた現状の事ね。
で、「コーヒー入れるから飲んで行ってね」
なんてこった。
実は、この時下界ではLyraちゃんが待っていた。
悪いと思いつつ、コーヒーを飲んでいると、パーティやディナーのちらしを持って来て説明を始める。
「え?バスで送迎して下さるんですか?」
と乗り気になってしまった振りをし、下山。そしてLyraちゃんとディナー(らーめん)。

・・・と言う事を思い出しました。

話は戻って・・・
観客席から見たら、表彰台の下で私はボケーっとバイクの方を見ていたのかな~、きっと(^_^;)
シャンパンを開けた時、雨と思ってキョロキョロしていたんだろうな~。

でも、真下のピットに置いてあったバイクはもっと可哀想。シャンパンで濡れ、スタッフは一生懸命拭いていたんです。
かわいそう。

香しくなった私は、もう一度柳川さんの所へ。
そうするとドンピシャ!奥から出て来たのでテーブルまで進んだら、さっきまでキャンギャルを撮っていたお兄様方は散り、私が真っ先にサインを頂く事に。
聖水の効果か?

Photo_25

で、気が付けばすでに後ろにはサインを求めに数人が集まって来た。
柳川さん。男気溢れています。

Kawasaki TEAM GREEN 柳川明さん

ベテランライダーって多いんですよね。
素晴らしい事ですね!

Photo_26

その後、BEETの東村伊佐三さんからサインを頂くと、熱烈に握手を求められてしまいました。
うっき~!(*^o^*)これも聖水の効果かも~!

そんなピットウォークが終わりいよいよJSBの決勝!
これが見たい為に来たのですよ~!

第一、第二コーナーの内側に行き、カメラを準備。
この場所は四輪では入る事が出来ないのですが、二輪はOK!
イン側にバイクを倒し走り抜けるので、迫力は満点!
私の写真ではそれがお伝え出来なくて申し訳ないです。

1_2

これはMORIWAKIのアレックス・キャミアくんです

目の高さにガードレールがあるんだもん。ガードレールが入らない様に少し高い所に後退すると、知らない人に前に入られて見られなくなるんだもん。
でも、以前よりはちゃんとライダーを捉えられる様になったのよ~。

さて、スタート!バイクの音が近づいて来て1コーナーを回りかけた所でいきなりコースアウトのバイクが。
マーシャルが懸命にバイクを起こしたりしていると、2週目の音が近付いて来る。
危ないです。そこに突っ込まれでもしたら。
何とか間に合ったものの、次のS字コーナー辺りで、多重クラッシュ!
で、もう一回仕切りなおしのスタート。

先頭は渡辺篤さん!

2位に差をつけて数週走っていたものの、伊藤真一さん(イトシン)さんの物凄い追い上げ。
そして先頭争いが激しく続き、私の目の前でのバトル。
これにはカメラを向ける事が出来ませんでした。
手に汗握る攻防で叫んでいましたもん。
「スゲ~!」「お~!」「あ~!」「抜いた~!!」

中須賀克行君や出口修さんも後を追う。

そして、今年注目している選手「アレックス・キャミア」
予選は13位と好位置に付け、決勝では10位以内を狙っていた。
仕切り直しのスタートの後、私の目の前では出遅れた様に見え、20番手以降だった。
その集団の先頭に立っていたが、前の集団とは少し差がある。
周回を重ねる毎に、集団を引っ張る形で少しずつ前との差をつめ、後半にはしっかり追いてしまった。
二つの集団が細長く一つになると、キャミアは確実に前を行く選手を捕らえ徐々に順位を上げて行った。
その繋がった集団も再びばらけ始め、残すところ後2週。

次にキャミアが姿を見せた時は、はるかに順位を落としていた。
「うそ~!」(T_T)
って私が悲しんでも仕方がないんだけど。
そして、27位でゴール。

その時は何があったか分からなかったけど、MORIWAKIのHPにレポートがありました。

結果は残念でしたが、キャミアのアグレッシブな走りを間近で見て、たのもしさを感じました(^_^)

いや、他の人達のバトルも本当に凄かったのです。
面白い、満足の行くレースを見る事が出来て本当に良かった。

早く、次のレースを見に行きたいな。
今年は初めての8耐観戦です(^_^)v

そして、帰り・・・。
タクシーで白子駅まで。
運ちゃんが善光寺を中心に、温泉や群馬をドライブしたいが、他に何処かありますか?と言うので、善光寺に行くなら、是非「別所温泉常楽寺の北向観音」を拝んで来て下さい、とお願いしました(^o^)丿

今回は電車に乗り遅れる事も無く、無事信州へ。

時を遡る様に、葉桜がしだいに八分咲き、五分咲き、三分咲きへと硬く戻る。

電車に揺られているうちに、鈴鹿でのはしゃいだ夢からささやかな日常へと意識が目を覚ます。

「ただいま~」(^○^)

「何処へ行っていたの?」

「え」(^○^;

さてさて、長い観戦記になってしまいました。
読んで下さった方、本当にありがとうございましたm(__)m

この調子で行くと、8時間耐久レースのレポートは半年くらいかかるかも(笑)

まさに耐久です。

2006年5月 9日 (火)

アルバセテより

■スペインロードレース選手権

第1戦 5月7日 アルバセテサーキット125cc

#89 大谷和也 

予選A組 11位

Starting Grid 21番

決勝   11位  ポイント  5

お疲れさまでした!

スペインロードレース選手権には、日本からはMotoGPアカデミーに合格した中上貴晶君も参戦しています。

17歳の大谷君と14歳の中上君、二人とも、フル参戦との事です。

次のレースは6月11日、ヘレスサーキット。

スペインどころか、海外を知らない私。

かろうじて、リチャード・ライトの「異教のスペイン」と言う本が手元にあるだけ。

この本の訳者がたまたま両親の知り合いと言う事で頂いた本ですが、まだ読んでいません(^_^;)

そろそろ真剣に読まなくては・・・。

話がそれましたが、

大谷君の活躍で、ロードレース界を盛り上げて欲しいと思います(^o^)丿

2006年5月 4日 (木)

海洋堂の軌跡展

Photo_17 過日。  造形集団 海洋堂の軌跡展 に行って参りました。

懐かしい食玩や、アニメキャラを等身大にしたフィギア。

「鬼娘」が通路にで~ん!と置かれていたのにはびっくり。

そして種類、数の多さ。

色々と驚きがあったけど、もっとも嬉しかったのは

ロバート・A・ハインラインの『宇宙の戦士』に出て来る【パワードスーツ】のフィギアがあった事!!

ロバート・A・ハインラインのSFで有名なのは「夏への扉」

ですが、この「宇宙の戦士」に出て来る【パワードスーツ】は人が装着すると言う事で、ガンダムの【モビルスーツ】の原型であるとも言われています。

挿絵も「スタジオぬえ」が手がけていて、雰囲気が良い!

ガンダムを見ていて、【スーツ】って言葉に違和感を受けた事もあるけど、宇宙の戦士の【パワードスーツ】と言う物を知って納得。

ここら辺は以前、NHKの「BSアニメ夜話」のガンダム特集で紹介していたなぁ。

まさか、このパワードスーツがフィギアとしてあるなんて・・・(^^)

撮影は出来ないので、これだけ。

Photo_18

場所は、松本市美術館。

入り口には、草間彌生さんのオブジェ。迫力あります。

Photo_19

2006年5月 1日 (月)

遅い春を満喫

ちょっとまとめ書きします!

4月23日(日)<いちご狩り>

なぜか突然「いちごが食べたい」と言う事で行って来ました。

行きはのんびりと峠越え。帰りは高速で。走行距離100km

安曇野~聖高原~千曲市~いちご狩り~更埴IC~=高速=~安曇野へ

Photo_11 安曇野明科から麻績(おみ)村に向かって行き、聖湖、聖高原を越えると千曲市や長野市の景色が広がって来るが、その途中に「姥捨(うばすて)」と言う所がある。

東南に向いた急な斜面を利用して段々に田んぼが作られているが、土地が狭い事もあり、大型機械が入らず最近までは荒れた状態だった。

最近では、棚田を残そうと言う事で、都会の人に貸したりして昔より全体の面積は少なくなったものの、かろうじてこのような棚田が残っている。

田んぼに水を張った5月、満月が昇ると田の一枚一枚に月が映る風景を、「田毎の月」として、松尾芭蕉や小林一茶などが歌に読んでいる。

・・・にしても、この季節は殺風景でごめんなさい。

しかしここの峠、沢山のツーリングの中年飛ばし屋さんたちが過ぎて行きました。

千曲市に下りて屋代方面へ。

「森将軍塚古墳」の目の前にある、いちごハウス。

Photo_5ビニールハウスが5棟あるうちの1つのみ開放。

ゴールデンウィーク前だからかな?思ったより空いていました。

食べごろが沢山あり、美味しかった(^○^)

ほらほらほら~美味しそうでしょ~)^o^(

時間は特に言われませんでしたよ。

入場料は1000円。お昼前だったのでかなり食べました。

甘くて美味しかったで~す!

4月30日(日)<お花見>

近くの山へ、お花見トレッキング。

麓から登山道に桜の木が植えられている。その下を必死に登ります。結構急できついの。

麓の海抜約530m、山頂約900m。

麓は葉桜の散りかけ。山頂は満開。ここは光城山。

しかし、下界は風が強いらしく全体がもやっている。北アルプスが見られなくて残念。

Photo_14 下りは、ずるずると足を滑らせながら下りました。

膝が大声で笑っています。

今日はしっかり筋肉痛(^_^;)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae