2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

結果あっちこっち

Photo_42

今日は秋晴れ。
近くの保育園では運動会が行われているよ。
空もきれい(*^_^*)

かなりサボってしまいましたので、まとめて報告します(^_^;)
お茶でも飲みながら見て下さい・・・( ;^^) _旦~~

  MotoGP 中野真矢

7/2  イギリス/ドニントン  予選 7位  決勝 マシントラブルのためリタイヤ
7/16  ドイツ/ザクセンリング  予選 4位  決勝 6位 前には離されてしまった。
7/23  アメリカ/らラグナセカ  予選8位  決勝 マシントラブル!リタイヤ(>_<)
8/20  チェコ/ブルノ  予選 5位  決勝 8位
9/10  マレーシア/セパン  予選 12位 決勝 リタイヤ

     予選は豪雨で中止。それまでのアタックの順位でグリッドが決まる。
     予選タイヤで臨んでいなかった為、12番手スタート。
     焦りがあったのか1周も走らぬうちにチームメイトにクラッシュ。 
9/17  オーストラリア/フィイップアイランド 予選 2位  決勝 8位
9/24  日本/もてぎ  予選 4位 決勝 5位走行中最終ラップで転倒リタイヤ。

     後2戦です。予選は確実に上位に入って来ているの。
     後は、後は・・・頑張って~!!!

  BSB イギリススーパーバイク選手権 清成龍一   

7/16  Knochill  H1 優勝  H2 リタイヤ?
7/23  Oulton Park  H1 優勝  H2 優勝  ランキングトップ!
7/30  日本/鈴鹿8耐  予選 2位  決勝 5位 

     フランスから出場している北川さんのチームを破って世界耐久優勝!
8/13  Croft   H1 優勝  H2 5位 
8/28  Cadwell Park  H1 3位  H2 リタイヤ ランキングが3位に。
9/17  Silvrstone  H1 優勝  H2 優勝  ランキング2位。1位とは1ポイント差!

     後は10/1の最終戦って、今週だね!

追記:10/1 pm11:25 Brands Hatch  H1 優勝! 
        現在ランキングトップ!!!

     5/21のMonedello Park レースが雨のためキャンセルになったので、
     今日、ポイントの計算を変えてレースが行われます。
     優勝した人にポイントがたくさん付くとか????
追記2:10/2 am7:30現在 H2 2位  清成くんチャンピオンです!!(^O^)/

  BSS イギリススーパースポーツ Leon Camier

7/16  Knochill  予選 3位  決勝 リタイヤ
7/23  Oulton Park  予選 3位  決勝 3位  
7/30  日本/鈴鹿8耐  予選 11位  決勝 (>_<)
8/13  Croft  予選 4位  決勝 3位    
8/28  Cadwell Park  予選 4位  決勝 4位  ランキング4位。3位とは33p差 
9/17  Silvrstone  予選 4位  決勝 リタイヤ  (T_T)
 

     今年はリタイヤが多かったね。
     鈴鹿でも上位のタイムを出していたけど、運が無かった。
     来年も来てよね!森脇さん次第だけど・・・

追記:10/1 pm11:25 Brands Hatch  H1 4位!
     5/21のMonedello Park レースが雨のためキャンセルになったので、
     今日、2ヒート制でレースが行われたようです。
追記2: 2レース目無かったみたい(^_^;)すみません  

  CEV スペインロードレース選手権 大谷和也

7/2  カタルニア選手権/アルバセテ  予選 7位 決勝 4位  スペインの地方戦?
7/9  アルバセテ  予選 19位  決勝 14位
9/3  バレンシア  予選 14位  決勝 11位 ベストリザルトだね! 
9/24 日本/もてぎ MotoGP125  初出場おめでとう!!
    
現地の友人が、大谷くん頑張っているよってメールくれたんだよ。
    リタイヤだったけど、すごく良い経験になるね。 

    後は10/8、11/19、11/26 の3戦。寒い季節だけど、頑張ってね!

  WEC 世界耐久 北川圭一

7/30  日本/鈴鹿8耐  予選15位  決勝 38位
     バンサンが14週目に転倒、北川さんも転倒(>_<) 日本最後のレース
8/13  ドイツ/Oschersleben24  予選 Pole  決勝 優勝~!
9/17  フランス/Bold’Or-24  予選 Pole  決勝 最後のレースは優勝です(^O^)/

     今、プロスポーツの中で38歳と言えばベテラン。
     でも、野球でもサッカーでも活躍している人はいますね。
     
北川さんも同じ世代ですね。長い間お疲れ様でした。

2006年9月28日 (木)

試合のあとに・・・◇日ハム対ソフトバンク

昨日、プロ野球のパ・リーグで「日本ハムファイターズ」がレギュラーシーズン1位通過のタイトルを取りました。
この後、プレーオフで戦いそれに勝って初めてリーグ優勝となります。

昨日この試合をテレビで見ていました。
日ハムが逆転した後2対1の5回表、ソフトバンクの攻撃。
1アウトの後の川崎、内野安打で1塁セーフ。悪送球の間に2塁へ。続く大村が絶妙なバントを決め内野安打に。
1アウト1塁3塁。
ソフトバンクは3番辻、1打同点のチャンス。最悪でも外野にフライを飛ばしたい所。
日ハムの投手はルーキーの武田勝。
ところが辻はセカンドへの内野フライに打ち取られ、続く松中も同じセカンドフライに。
このチャンスを逃してしまったソフトバンクは次の攻撃に、初の中継ぎとなるダルビッシュをもって来られ、最初のバッター、ズレータが1本のヒットを打っただけで、伸びの有る速球に手が出ない。
ストライクが決まる度に吠える姿は鬼気迫るものがありました。。。
結局ソフトバンクは日ハム鶴岡のヒットの後、慣れぬレフトの守備についていた松中の所に、マシーアスと金子にヒットを連打され追加点2点挙げられてしまう。
金子の2塁塁上でのガッツポーズは、あれ、金子ってこんなに明るかった?って思わせる姿でした。
方やマウンドの和田の目は潤んでいて、森脇(監督代行)さんも辛そうでした。
その後日ハムが投入したピッチャー、8回武田久、9回マイケル中村の必勝パターンの前に成す術も無くソフトバンクは負けてしまいました。

その間、度々映す日ハムのベンチ。
鶴岡がいるって事は、キャッチャー3人目が出てるの?と思ったらマスクを被っているのはベテランの中島でした。
そして、もう一人のベテラン田中幸雄。
今年は若手の活躍で殆ど出る機会が無かったけど、目は涙で一杯でしたよ。まだ試合終わってないよ~!って時。
田中がまだルーキーだった頃、もう一人田中ユキオ(漢字がわかりません)と言う選手がいて、今の田中は「こゆき」と呼ばれてたな~。

新庄は今年が最後。9回表最後の守備に付いた時にライナーが飛び華麗っぽく田舎っぽくキャッチ(笑)
格好付ける新庄だけど、神経は細やかで、若い選手にいい影響を残していると思います。
昨日のバッティングでは新庄や小笠原、稲葉と言ったベテラン陣は緊張のためか今ひとつだったけど。
シーズン中は活躍したからね!

そして、表彰式では「ヒルマン監督、前にお願いします」と2度呼び出されていました。
開口一番「シンジラレナイ」と日本語で。
日常会話なら日本語で話せるそうですが、ここは通訳をつけての挨拶です。
各方面、ファンの方々に感謝の意を述べた後、
「私は(日本語で)話が出来ません。いつも通訳をしてくれた事にも感謝します」と言うような事を。
この時の通訳さん、言いにくそうに(笑)
今までの滑らかな通訳とは違い、声がわずか震えていました。
続いて監督が日本語で「イワモトサン。・・・アリガトウ」と。
ヒルマン監督だけを映していたカメラはこの時から、通訳の岩本さんも映像に入るようにしていました。
表情は硬い感じでしたが、きっと嬉しかったのでしょうね。唇がかすかに震えているように見えました。

どこが勝っても負けても、良い試合は見ていて楽しいです。
優勝を懸けた試合となると尚更。
優勝を決めた後の選手の姿も。
そして、この監督の「イワモトサン」
これには泣けたよ~(>_<)

試合の後の心象風景。
人によってさまざまだけど、昨日の私は、季節が秋になってまだそんなに寒くないのに、温かいココアを飲んで温まった気分でした(^_^)

http://www.fighters.co.jp/score06/

これからプレーオフが始まります。
まずは2位西武対3位ソフトバンクの勝った方が1位日ハムと対戦。

まだまだ目が離せないですね。
もちろんセ・リーグの中日対阪神もね!

2006年9月26日 (火)

夕暮れ

P9250114

仕事の帰り 細い細い月を見つけた

山の尾根からひとにぎり分の高さ

今日は4日月

沈まないように祈りながら

月を斜め前に 車を走らせる

家に着きあわててカメラを手に

月は薄雲に溶けた

そして沈む

私の周りを楽しそうに舞う二匹のイエコウモリ

空中の同じところを飛ぶ

じっとしている私にも近着き

羽音を響かせる

カメラに写りたいの?

撮ってあげる

P9250122

私のため?

二匹、何度もカメラの前で戯れる

ならば 私のために停まって!

ターゲットが捉えられない

昨日の日本GP もてぎ

目の前のターゲットが捉えられなかった中野真矢選手

ラスト1周 

一つ前を、一つでも前に行きたかったんだよね

でも結果は転倒

私は これからの中野真矢選手を更に応援したくなりました

http://www.intellimark.co.jp/bikeArticles/news20060924008.html

2006年9月23日 (土)

招かざるお客様

台風・・・

春先から秋にかけて東南アジア、日本列島を脅かす怖い風。
それに伴い一瞬で大きな被害をもたらす竜巻ダウンバースト
この二つのの大きな違いは巻き上げるのと、一気に落ちる。
共通しているのはどちらも積雷雲が発生し、大きな被害を与えます。

台風の風の向きも渦が巻いているので一目で分かります。
上空は人工衛星からの写真のとおりの風でも実際は地形が大きく関わって来て吹き方が違います。

私の住む安曇野の平らな部分(正しくは松本盆地)は南北に長く西に高い山がそびえています。
真西から来た台風は安曇野が進路の真ん中にあった時、何故か殆ど影響を受けず、上田、長野市方面に大きな被害が出ました。
北アルプスにぶつかって少し離れた上田、長野市に風が落ちたのでは、と勝手に考えています(汗)
もちろん、台風の大きさや早さとかで変わって来ます。
こんな小さい範囲では誰もテレビで「こういう事です」とは言ってくれませんので想像です(^_^.)
私の考えが正しいかどうかは、更に数十年の経験をしないと分かりません。
その土地の特性みたいなものは、その土地に住む、明日明後日の天気が必要不可欠な生活をして来た人たちの体に染み付いている気がします。
が~、センスやカンも必要なのかなと、周りを見て思ったり(笑)

台風でなくとも、
『春一番は、関東で「春一番が観測されました」と言われた時は、そんな風に匹敵する大風は長野県では2つも3つも吹いているんです。』
これは数年前、長野県NHK気象予報士の方が解説して下さり、納得しました。
こんな風でも、土地の特有の気象情報って欲しいですよね。

だからって「○○地区で竜巻が起こる可能性があります」って言われて何が出来るかな(^_^;)

話はそれましたが(14号も反れたし・・・(^_^;)、いつから台風に名前が付くようになったのかなと思い気象庁のHP見てみました!

☆☆☆

台風には従来,米国が英語名(人名)を付けていましたが,北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)は,平成12年(2000年)から,北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)をつけることになりました。
 平成12年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ,以後,発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて,その後再び「ダムレイ」に戻ります。台風の年間発生数の平年値は26.7個ですので,おおむね5年間で台風の名前が一巡することになります。

☆☆☆☆

と言う事です。

で、名前をいくつかあげてみたいと思いますが、国によって色々趣があるので、何故そう付けたのかって興味が出ちゃいます。

2006年14号
Yagi ヤギ 山羊座 日本

13号
Shanshan サンサン 少女の名前 香港

11号
Sonamu ソナムー  北朝鮮

10号
Wukong ウーコン 孫悟空 中国

9号
Bopha ボーファ  カンボジア

8号
Saomai サオマイ 金星 ベトナム

7号
Maria マリア 女性の名前 アメリカ

6号
Prapiroon プラピルーン 雨の神 タイ

5号
Kaemi ケーミー  韓国

4号
Bilis ビリス スピード フィリピン

3号
Ewiniar イーウィニャ 嵐の神 ミクロネシア

2号
Jelawat ジェラワット 淡水魚 マレーシア 

1号
Chanchu チャンチー 真珠 マカオ

2005年23号
Bolaven ボラヴェン 高原 ラオス

22号
Tembin テンビン 天秤座 日本

と、こんな感じです。
詳しくはこちらです。

ステキな名前だけど、来て欲しく無いですね。

2006年9月18日 (月)

至福のひと時

◇一昨日、プロ野球で中日の山本(昌)投手が、41歳最年長ノーヒットノーランを達成しました。最高にうれしい!!!

◇一昨日、MotoGPオーストラリアGPの予選で、中野真矢くんが2番グリッドをゲット!

◇昨日、大リーグマリナーズのイチロー選手が、大リーグ6年連続200本安打を達成!

◇昨日、MotoGPオーストラリアGPの決勝で、中野真矢くんがスタート良く飛び出し、私は20分間程幸せな気分になりました。

◇昨日、世界耐久レースに参戦している北川圭一選手が、フランスボルドール24時間耐久レースで優勝しました。
北川さんにとっても最後のレースです。

◇昨日、BSBの清成龍一選手が、ヒート1で優勝しています。ヒート2はまだ分かりません。
追記:先ほど(8時45分)確認したら、ヒート2も優勝!

◇昨日、日英大学ラグビーで早稲田大学がオックスフォード大学に辛くも勝ちました。
後半逆転された時はダメかと思ったよ~。

9/18am8:45追記とリンク貼りました

2006年9月16日 (土)

夏に忘れたもの◇鈴鹿8耐☆☆☆☆☆

■Invitation

こうして超満足のいった鈴鹿8耐の会場を、急かされるように去る。
すっかり人の気配が無くなった駐車場を抜けるが、祭りの後だけに寂しい。
そして窓なしのホテルの意味ありげなツインルームに戻る。
木曜日から宿泊している友人の所に、土曜日からお邪魔したこの部屋。
冷たいコンクリートの牢獄でさえ、鉄格子のかかった小さな窓があるというのに。
ここは真っ暗闇である。
ライトが蛍光灯である事がせめてもの救いだ。
何故、ここに泊まる事になったのか。
それは鈴鹿近郊のビジネスホテルが早い段階で軒並み満室だったのですよ!
最初は一人で別のホテルを予約したのだけど、仲間の割り振りがありこの部屋に来る事になりました(笑)

シャワーを浴び、火照った顔をローションで、トキめいたココロは会話でクールダウン。
身体はだるく混沌とした精神の中で、混沌とした荷物の整理をしながらあの『特殊アイテム』の存在を思い出した。
その行方は、鈴鹿8耐の思いと共に振り返ってみようかな。。。

◇凍らせた水…鈴鹿に着いても冷たかったが、自動販売機の誘惑に負け、夜にホテルの排水溝に流す×
◇梅干…水分の取りすぎで血液濃度が極端に薄くなった場合に備え、クエン酸とナトリウムを摂取。美味しかった
◇梅酢…血液の流れを良くし、梗塞を予防。自家製。朝、テーブルの上に出したまま忘れる×
◇チョコレート…水分の吸収を効果的にする。一口サイズなのでバックの奥に入り、一つも口にせず×
家に帰り冷凍庫に投げ入れた筈だが、未だに行方知れず。
◇冷えピタクール…上昇した体温をすぐに覚ます。恥ずかしくて使えませんでした××
◇インドメタシン配合の湿布・・・血液の流れが悪くなった足などに使用。2日ともふくらはぎに使用。これはかなり
◇大判のタオル…肩から腕にかけ日焼けを防ぐ。つもりが、タオルを肌蹴て走ったりした

鈴鹿の記憶は肌に聞いたほうがいいのかも知れない。
◇バンドエイド…バレーで傷めていた左足の小指の爪に違和感。爪を押さえつけるようにバンドエイドを巻く
ほんの3日前の12日、新しい小指の爪がしっかりして来た様で、パカッと綺麗にはがれました。

そんなこんなで、役に立ったものと全く無意味だったものがありました。次回への教訓。
ひと段落してベッドの中へ。
暗い部屋から暗い眠りにつくのは割りと簡単。夜のしじまへと招待状が送られて来る。
やがて目覚まし時計が私を騙したんじゃない?って程の暗い朝を迎える。
それでも日曜日の朝は鈴鹿が待っているから起き上がれた。
月曜日の朝は、まったく起きる気がしない。朝で無い事を願うも叶わず。

帰りの電車は予約無しでゆっくりと。

プログラムを開いておさらいをしようと思ったけど、この電車、酔うんです。
で、応援していたチームが早々にリタイヤって事もあったけど、今ひとつ焦点を絞れずに8耐を見ていたため、レースの方は携帯やら、現地のモニター頼り。
これも反省。

来年行っちゃう?

そしてこれが結果表 です。
「2006_8.xls」をダウンロード
参照は鈴鹿サーキットさん。

さぁ、来年も行きましょう!

2006年9月10日 (日)

瞳の奥の風景◇鈴鹿8耐☆☆☆☆★

各地で秋祭り盛んなここ数日の夏日は、疲れた体に堪えます。
淡い微熱の中、目を閉じた時ふと夏の思い出が甦りました。

■乱舞時間(LOVE TIME)

人の波をかき分けホスピタリティブースに戻り荷物の整理をし友人の所に行くと、すでに彼女はプールに飛び込んだ後でした。
表彰式見ずにここに居たの~!?
でも、来年の目標を失うほど応援していたチームの最後の勇姿ですものね。
お疲れ様でした!

まだ表彰式の続く中、ここパドック裏は大騒ぎ。
はしゃいだチームスタッフが酔って走り抜けて行ったり、コーリン・エドワーズは2階通路から下を通る人を狙い、無差別にペットボトルの水をかけたり。

そこでようやく半ちゃんに遭遇。
半ちゃんの知り合いが、あるチームのお手伝いをしていると言うので私もそこに連れて行ってもらいました。
でも半ちゃん、ピットの中に入ってしまって中々出て来ない。

ボケーっとそのチームの騒ぎを見ているうちに、何かイヤな予感がし後ずさりしようとした所、ちょっとアルコールの入ったスタッフさんと目があってしまい
「僕と一緒にプールに飛び込んで下さい」
と。
だ、ダメよ!水着なんか着てないし!カメラとか携帯とか・・・。
「濡れちゃマズイものは預けて、入りましょう」
と、カメラを取られてしまい・・・。半ちゃんはまだ中から出て来ないし!
飛び込んでもみたいなぁ、と言う冒険好きな悪魔の囁きが聞こえたけど、濡れた私はどうやって帰るつもり?とまじめな私が呆れてる。
このチームは完走出来た様で、シャンパンをラッパ飲みしている人も。
脅迫と好奇心の狭間で揺れ動いている私はやっと出てきた半ちゃんが神様の様に思えて、
「助けて半ちゃん!」
と叫んだのに・・・(ーー;)

絶体絶命の危機!

と、そこで再び目に入ったシャンパン!
「そのシャンパン一気飲みで勘弁して下さい!」と懇願。
まんまと、いや、何とか一気飲みをし、プールは逃れる事となりました。
で、半ちゃん。
「そこの彼氏も飲んで」と言われ、確か下戸だったはずの半ちゃんも一気(笑)

訳の分からぬ拍手を受け、その場を離れる事になりました。
でも、私と心中しようとした危篤なスタッフさんにはちゃんと伝えましたよ。

「ただ酒ご馳走さまでした~」(^O^)/

さて、恒例の花火ですが、パドックで見ると花火の欠片が落ちて来るんです。

Photo_39

騒いでいた人たちも足を止め皆で見上げています。

夏草や兵どもが夢のあと

ふと浮かんできた松尾芭蕉の俳句。

それから、スタートを見た時に一緒にいた人のパドックへ行き生ビールをご馳走になりました。

友人たちは色々な選手と知り合いなので、積もる話をしていたり、片付けのお手伝いを始めた人も。

その間、私は美音さんと一緒にちょっと歩きました。

Photo_40

MORIWAKIにはキャミア兄弟。
森脇尚護くんとペアを組んだ兄レオンくん。そして現在MORIWAKIで全日本を戦っている弟のアレックスくん。

二人でじゃれている所を見たら、兄弟だな~って。

そして、次、松戸直樹さんの所へ。

美音さんと二人で、なんとなんと!缶ビールを頂いてしまいました(*^_^*)

飲んでばっかり!?(^^ゞ

8位入賞おめでとうございます!

Photo_41

日本GPも出場が決まってよかった~!

中野くんと同じチームで走るんですよね。頑張って下さいね!

今年最後と言うチームもいくつかあって、その中見事完走したアサヒナレーシングの朝比奈さんは、パドックに仰向けになり暫く天井を見つめていました。
長い間個性的なバイクを作り続けて来たのだそうです。
お疲れ様でした。

今まで8耐やバイクのレースを見続けたファン、また私みたいに8耐は初めてと言うファン。
さまざまな形で応援してきた人。
色々な思いがこのコース上を駆け巡ったのですね。
そしてまた来年に向けて始まって行くのですね。

素晴らしい大会を期待しています(^^)

今まで8耐のレポートではなく、私の行動をひたすら書いているだけで申し訳ありません。

次回で8耐のレポはお終いにしますね。ちゃんと結果も載せますって!
つか、10回シリーズになってしまったよ(^_^;)

読んで下さってありがとう~!

2006年9月 6日 (水)

米子大瀑布

  5日、疲れた女2人がマイナスイオンを求めて、高齢・・・(-_-;)もとい!恒例の秋のドライブに行ってまいりました!

Lyraちゃん、頼むから地図ばかり見ないでたまには顔を上げて場所確認してねん(ーー;)

さぁ、目指すは長野県須坂市の『米子大瀑布』です。

どうやら鳥取県の米子市に幕府があったと言う訳では無さそうです。

須坂長野東ICからひたすら山の中へ。

HPで調べたら「目撃情報はまだ無いが、熊の生息地域です」との事。

タイムリーにその日の朝のNHKニュースでは「熊が出没しています」だって(^_^;)

「昨年、森の木の実が豊作で小熊が沢山生まれている。今年は木の実が少なく小熊を連れて里に下りてくる危険性がある」と言う事らしい。

どうすりゃいいのさ?

「鈴やラジオなど音の出るものを持ち歩く」

「柿の木に実などは残しておかない」

「もしバッタリ出くわしたら、目を見ながらゆっくり逃げる」

ですって!

そんな、なんとなく熊が出そうな山道を15km程走らせると、ようやく駐車場。

Photo_46

本当だ!

その横にスキーのストックが沢山。ああ、これで熊と戦えばいいのかと手に持って石を叩いて音を出しながら、山道を登る。

途中で不動滝を見る事が出来ます。

3_1

30分歩いて米子不動尊奥の院に到着。

08530049

更に10分程歩いて見えた光景がこれです。

1_6

米子大瀑布。

左が権現滝(75m)、右が不動滝(85m)

2_2

不動滝の下に人発見!by Lyraちゃん。

08530058_1

で、そこに行って見ました。

Photo_47 08530061

熊退治のストック片手にエラそうな私(^_^.)が、遥か上空を見上げています。

しかし、滝につき物の「滝つぼ」は見当たりません。

岩にぶつかっていますので、船で滝を下らない様にしてね!痛いですよ。

08530062

こんな風に上から落ちて来るんだけど、途中風が吹いて雨のように私たちの頭の上に水が。Lyraちゃん、「雨~!」って、大声出さんの~!

もう一つの権現滝の方にも行きたかったんだけど、リタイヤ。

行きたかったな~。

かくして、熊には会わず折角のスキーストックは杖代わりとなりました。

山を下って、小布施の「蔵部」でお食事。

信州牛2枚重ね 栗おこわ。

2_3 ↑にLyraちゃんが座っています。

おいしかった~(*^。^*)

2006年9月 1日 (金)

歓喜の中のゴール!鈴鹿8耐☆☆☆★★

■渓流釣り!?

どの様な形でゴールを見たらよいか・・・。間近で見るには?

私の選んだ方法は、
⇒グラスタ前にスタンバる※1)・とにかく行ってみる
⇒取り合えず前の人に着いて行く※2)・信頼の置けそうなカンジの方を見極める
⇒出遅れない※3)・ロケットスタート
⇒流れに任せる※4)・我が道は避ける(初心者と言う自覚を持て)。

地下通路を上がった(グラスタの階段を降りてきた)所にあるちょっと広い場所のなるべく下の観客席で空いている席に※1)腰を下ろすと、残りは15分。
目の前は高い金網でこちらの世界と向こうの世界を遮っており、めまい癖を持つ私には焦点を合わせるのは至難の業だ。
でもそんな事はお構い無しで、絶え間なく光が音を乗せて過ぎる。

「係員が誘導します○※£§℃¢☆◇※$♂ので◎§@∞♀℃$≠い」って・・・。
メガホンを持った係員がこの後の説明をしている。

待機している人にわかる様にメガホンを左右に振って説明をしているけど、肝心なところがあっちに向いちゃって、何言っているか分かりません(T_T)
隣の人※2)は、正面のチームスタッフがサインボードを出す場所を指差して
「あそこ乗り越えられるか?」と話している。
1m以上ある壁がそびえ立っています。
ええええぇ~(@_@;)乗り越えるの?よし、頑張って登ってやるぞ!
その前に、金網のどこが出入り口なのか分からない。この大人数、金網の扉に引っかかって危なそう・・・。
な、心配も吹っ飛ぶカウントダウンが始まる!

10、9、・・・1!

大歓声とともに次々とチェッカーを受けたライダーたちが、私の目の中に夏の残像を残して走り抜けて行く。

目の前の横幅もかなり広い金網の扉がスライドして「さぁ!」とコースに波を誘うように広く開かれた。
ここが開くんかい!?
今まで観客として金網越しで(又は離れて)見ていたレース。
その目の前の隔たりは取り払われ、今まさに、自分を解放つ(*´∀`*)ほわわ~ん

「まず芝生の所で待機して下さい。その後指示がありましたら黄線(色忘れました(^_^;)から出ない様にウィニングランをご覧ください」
の様な案内。
そしてダッシュ※3)
めでたくラインギリギリを死守。
やがて1周し戻って来るライダー。
鳴り止まない歓声の中、私のわずか数メートル先をゆっくりと走って行く。え、こんなに沢山走っていたんだ!って位・・・。

Photo_37   

そして表彰式。
なるべく近くで見たいから、やはりあの壁はよじ登るのか。よし、覚悟は出来た。
右側の50m位離れた所にいた人達の、コースに走り出す姿が目の隅に映り、私はそれを逃さなかった。
逃げ足はトロいが、見切り発進は得意である。
正面の壁に向かって意気揚々と走り出す。
あれ?あれ?私は壁に向かって直進したのに・・・。みんなは私を斜め右へと押しやる。
やだ!違う!壁までは最短距離行こうよ!

流れの速い川の向こう岸に渡るには、かなり川下に流される事を考慮しなければならない。
ここ川じゃないし。
良く見たら、斜め右の壁にいつの間にか放たれた門があって、そこに皆入って行くのね。誰も壁なんて乗り越えてやしねー(T_T)※4)

つ、釣られちまった(^O^;)

登ったら怒られますって、ホント。
そんなこんなで表彰式を迎える事に。

イトシンさんと辻村さん、優勝おめでとう。辻村さんが木曜日かな、練習でコケた時。友人から「猛さんのツナギが修理に出されている」との情報を受け驚きました。

大丈夫だったんですね、良かった~。

小西さんと安田さん、2位表彰台おめでとう。小西さんスリムになってその笑顔がかわいい。若い安田さんとは仲が良いのか昨年のもてぎでもいつも一緒(^_^)

青木さんと渡辺さん。3位おめでとう!HONDAに分け入って、強さを見せくれましたね!
Photo_38

国別対抗の世界耐久レースの優勝者は、清成くんと玉やん。
8耐の結果は悔しいでしょうけど、世界耐久はフランスに所属する北川さんの常勝チームを大きく破っての優勝です。
05180057_1

昨年MORIWAKIから参戦の松戸さんは、8位。XX-Fクラスではみごと3位です。

まだまだ各クラスの表彰が続く中、私は表彰式会場を後にし、パドックで水浴びしているであろう友達の元に向かいました。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae