2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

時の鼓動

もし、時間が一本の線だったなら、過去のパノラマを見る事が出来ようか。
今のこの時間が丸いから、あの季節の訪れを再び感じる事が出来る、そんな気がする。
Photo_64

過ぎてきた道、これからの道、鼓動が時を刻む。
時は止まらない。
例え私が立ち止まっても、鼓動は打ち、進み続ける。

振り返ったっていいんだよ。
走って追いかけなくてもいいんだよ。
自分のペースで、そう

だって、時は永遠に続くのだから。

と、言う訳で今更ながら

2006レース後半の成績発表~(^O^)/

【MotoGP 中野真矢】

10/15  ポルトガル・エストリル  予選 7位  決勝 (T_T)
もてぎに続いての転倒。

10/29  スペイン・バレンシア  予選 4位  決勝 7位
序盤にロッシが転倒し最後尾へ。波乱含みの展開でした。
中野くんはと言うと上位に年間チャンピオンを争うライダーがいる事から、あまり絡みたくないよう(^_^;)

今年、予選ではブリヂストンのタイヤが決まり、惜しくもポールは逃したものの2番グリッドに2回付ける事が出来た。
決勝では、昨年まではマシントラブルによるリタイヤはあっても、転倒は殆ど無かったが、今年は相手がある転倒が多く、かなりポイントを逃してしまった。
大きな怪我の無い事が不幸中の幸いかも。
オランダGPでは2位表彰台。
オーストラリアGPでは荒天の中、序盤はトップ。2位に4秒以上の差を付ける。
大きく遅れたライダーは雨で滑る中、様子を見ながらの走行みたい。
私は果敢に攻める中野くんの男気を見た気がしたなぁ。
9周目あたりから中野くん以外のライダー全員がウェットタイヤを装着したマシンに乗り換える。
トップで走っていた分、周りの様子を観察する事が出来なかったのか、皆に遅れる事1周でやっとピットに。
結局、新しいタイヤの温まりの関係でペースを上げられず8位に順位を落とす。
でも、私は幸せな気分だったよ~(*^_^*)

今日まで中野真矢くん、HONDAでの初テスト。
どんな感触だったんだろう。

【BSB イギリススーパーバイク選手権 清成龍一】

10/1  Brands Hatch  ヒート1  優勝!!   ヒート2  2位
日本人初のBSBシリーズチャンピオンです!
龍ちゃん、おめでとう~。
私が初めて間近で見てサインを頂いたライダーです。
嬉しいな!

【BSS イギリススーパースポーツ Leon Camier】

10/1  Brands Hatch  予選 3位   決勝 4位
昨年はチャンピオン。今年は今ひとつだったと思うけど、日本にも来てくれたし、頑張ったね!
10月の終わり、今年のチャンピオンと昨年のチャンピオンだったLeonくんが招待されてレプソルHONDAのMotoGPマシンに乗ったようだけど、どうだったかな。

【CEV スペインロードレース選手権 大谷和也】

10/8  CEVカタルニア  予選 18位  決勝 リタイヤ(T_T)

10/15  MotoGP  ポルトガルGP  予選 39位   決勝 28位!!
もてぎではリタイヤだったけど、今回は完走。しかも順位を大きく上げて(^o^)

11/12  カタルニア選手権  予選 6位  決勝4位
カタルニア選手権では2度目の4位。お、惜しい~っ!でも、頑張ったね!

11/19  CEVバレンシア  予選 25位   決勝13位
日本から行っている、どちらかと言うとエリートライダーの中上貴晶君は、日本での優勝を決めたレースで、ゴール後のアクシデントにより怪我。
大谷君が一人で頑張っています。

11/26  CEVヘレス  予選 14位  決勝 18位
決勝では順位を落としてしまったけれど、本当に良く頑張ったと思います。
日本GPが終わってスペインに行き、このレースが終わるまでの長期遠征となったようです。

皆様、お疲れ様でした!
ここに書いてないWSBの結果もしっかり1年分ありますよ!
日本人ライダー全員の成績も載せられたらいいのだけど。
ごめんなさい、これが精一杯です(p_-)。

今年のレースは終わってしまったけれど、もう次に向かって始動していますね。

MotoGPの中野真矢くんは、28日からヘレスで初めてHONDAに乗ってのテスト。
大ファンでありながら移籍の事にはあまり触れずに来ました。
常に情報は収集していたのですが、途中で見つけたサイトさんのところで道草を美味しく頂いてしまったり(^^ゞ

ですが、移籍確実となった時、すでに用意しておいた『コニカミノルタ』さんのリンクを速攻でサイドバーに貼り付けたのよ(*^_^*)
気が付いたかな。
でも、そのコニミノHPも、私のお遊びの恰好の的に・・・。

更に、移籍が正式に発表されたら、今度はコニカミノルタカラーの姿に思わず『萌え~』してしまって、指が止まっていたのですp(*^▽^*)q

その間にも時間は刻々と過ぎて行き、気が付いたらもう12月に。
時は止まらない。

振り返ったっていいんだよ。
走って追いかけなくてもいいんだよ。
自分のペースで、そう

だって、時は永遠に進み続けるんだから。

激しく言い訳(^_-)-☆

2006年11月27日 (月)

話しの脊椎は何処に?

テレビ東京の『カンブリア宮殿』と言う番組を見た。

HONDAの福井社長がゲスト。

HONDAと言えば・・・

車、バイク、アシモ。最近ではHONDA JET!?

バイクでは、福井さんがエンジニアだった頃のレースのシーンが。

な、なんと!フレディ・スペンサーの優勝した時の映像が流れた~!

が~。初めて見たこの番組。

『カンブリア』って、いつかNHKスペシャルで放送していた『生命 40億年はるかな旅』で初めて知ったなぁ。

カンブリア紀って言うと、生命の大爆発をした時代。約5億3000万年前。
このスタジオのバックに映されて悠々と泳いでいるアノマロカリス。
カンブリア紀最大の生物で、三葉虫などを餌にしていたらしい。

カンブリア紀は様々な形態の脊椎動物が爆発的に作られた時代。
遺伝子が急速に進化し、生存競争の相手も少なく自然淘汰の圧力も弱かったという事から、普通なら生存競争に勝てそうも無い奇妙な形態をした生物でも充分生きて行けた。
体の組織も単純だから、いくらでも変化する事は出来た。

なぜか手元にあります(笑)
Pb280009

Pb280006
で、これがアノマロカリスです

話しがバイクから何故にこうなるのかは、私のキーボードを打つこの指が、こ、この指がっ。

でも!ここまで来たらついで。

このカンブリア紀で『脊椎』を手に入れた生物の進化はその後の未来を手に入れた様なもの。
脊椎、その先にあるものは私たち、マグロです。
ん?違う?

いや、海の中を高速で泳ぐ、これから先は手に入りにくくなるであろうマグロなどの魚が枝分かれしてその一本がホモサピエンスにも繋がると言う。
内骨格が人間を作ったと言う事らしいです。

どうでもいいですね、はい(^_^;)

いや~、まさかテレビ東京で、フレディ・スペンサーに会えるとは。
HONDAの脊椎は本田宗一郎さん、って事で(^O^)/

追記:(@_@;)あひゃ~!!
福井社長の事、武井社長なんて書いてしまっていたりする(汗)
先ほど、0時50分、何気に直しました(^_^;)
   

2006年11月25日 (土)

真夜中の贈り物

一瞬の

ほんの一瞬だけの
強い
空っ風に
柿の葉は全て散ってゆく

わずかに残された木の実の
五つ、六つを仲良くついばむ小鳥たち

やがて柿の実は子守り柿となり
冬の間、木や小鳥たちを見守るよ


木の下に立って上をそっと見上げてごらん
小枝の隙間にほら
澄んだ大気に誘われて
沢山の星たちが瞬いている

私は、真夜中に素敵なプレゼントをもらったよ
枝々にまとうイルミネーション
きれいだね

さぁ、あったかいレモンティーでも飲もうか

2006年11月23日 (木)

果実酒♪

今年はブルーベリー酒を作りました。

初夏に一粒ずつ色が付き始めたブルーベリー。
Photo_56
1_2 

600mlの果実酒(35℃のホワイトリカー)を買って、そこに入れて行きます。
毎日放り込んで行くと焼酎が溢れそうになるので、ちょ~っと飲みます(笑)
底に数センチ重なった時に親指の先くらいの氷砂糖を5粒程投げ入れると言う、とても大雑把な方法。
砂糖は好みで、全く無くても良いんだけど。

今の色はこんな感じ。これ以上は色が着かないかも。
Photo_63
光がうまくいかなくて、バックから発光させた方がいいかなと思い、こんな所で撮りました(^^ゞ
ちょっと紫がかった赤色です。

色が綺麗に付いたクリスマスの時、初めて飲みます。
好みに合わせてシロップを入れて少し甘めに。
また、老酒を飲む時みたいにコップの底に細かく砕いた氷砂糖を。
ペリエみたいな炭酸ソーダ水で割ってもいいかな。

昨年はブラックベリー酒。
これは色がとても綺麗に付きました。
あるオフ会に持って行ったら、入れ物が悪かったのかプラスティックの匂いがしちゃったらしい・・・(^^ゞ
しかも、ノンシュガーだったので、35℃まともにイっちゃいました(笑)
今年は、コレかな?

一昨年はプルーン酒。
最初から甘く作ってしまったので、失敗だけど一番飲みやすかったかな。
今思うと、酸っぱいブラックベリーは多少砂糖を多めに、甘いプルーンは砂糖は少なめが良かったかも知れないな。

どれも家にある果物です。
さぁ、今年のブルーベリーはどうでしょうか。

※全くの我流ですのであまり参考にはならないかも・・・。

2006年11月19日 (日)

星は雲に阻まれて

17日、リーグ戦のバレーの試合が終わって体育館から一歩出たら、綺麗に星が瞬いていたので、流れ星を求めに出かけようと思いました。

汗が冷えて寒くなり、一旦家に帰ってからブログを更新して、ザバ~ンとお風呂に入り、いちお家事なんかもやってみたりしてついでにお湯を沸かしてポットに入れても見ました。

当然、一人で出かけるつもりでした。
私の行動を把握してもらう為に、Lyraさんに「星見に行ってくるよ~」と報告したところ、「これからお風呂に入るから、ゆっくり来てねん」と。

ありゃ?私、迎えに行くのか?
て事で、そのようになりました。

でもだんだん雲が・・・。

途中でカップラーメンを買い、割り箸が無い事に気が付き、赤信号で停まった時にLyraさんに「割り箸お願い」メール。

途中で拾って、高台に向かって行きました。
銀マットを敷きまずはカップヌードルを食べて温まります。
美味しかった~(*^_^*)
でも、厚着だったから、食べにくいの。
カップを口まで持ってこれないって、どれだけ厚着してるのよ!って、隣のLyraさんも同じ状態(笑)
Photo_62
さぁカメラ!って思ったら電池切れ(-"-)
Lyraさんに持ってもらい、やっと(笑)

お腹が程よく満足した所で、寝転がって空を見上げるも、所々に星が見える程度。
1時間くらいいたかな?
でも、ダメだったね。残念!

寝袋は、体の自由が利かずイノシシとかクマとかから逃げられないので、大判のフリースをまといます。
さぁ、帰ろうかって起きようとしたら、厚着過ぎて起き上がるのが困難。
結局私たちは獣から逃げられないんだな。

体がしっとりと濡れた様な状態で、夜露の重さをなんとなく感じました。
眠い目をこすりながら何とか必死で家に帰ったのが夜中の2時。

で、昨日18日。夜バレーの練習に行き家に着くと雲が晴れ星が見える!
明日試合だからな~と思いつつ、結局気が付いたら夜中。
外に出てみると、昨日よりも星が見えたりする。
服を着込んで30分程。

またまたハズレ。
夜中の1時じゃダメだったかな。

19日の朝は、頑張って起きて試合に。
今日は某新聞社杯の大会。
リーグ戦の仲間とは違い、まだ駆け出しのチームなのでまぁ、そんな感じの試合(笑)

一旦家に戻り、支度して4時からの慰労会に。

で、先ほど9時に戻って来ました。

ビールは止めて、グレープフルーツサワーと明日仕事なので、サッパリと焼酎のお湯割り(梅干入り)3杯。

今日もしっとり濡れて雨の中、帰ってまいりました。

さぁ、明日頑張って仕事しよっと!

2006年11月17日 (金)

流星雨・・・

・・・になればイイナ!

ただいま~(^O^)/
今6人制(男女混合B)のソフトバレーの試合から帰って来ました。今日も勝ったよ!
2年連続優勝だから、今年も!って思ったけど、今年は2敗してるから無理かな(^^ゞ

これからお風呂入ってキッチンの片付けをして、しし座流星群を見に行って来ます。
本当は明日の夜から19日にかけてがピークだけど。

明日は夜更かし出来ないの。
19日は一日中また試合。朝が早い(>_<)
これはちゃんとスポンサーが付くから、またタオルもらうのかな。
最低2試合。
メンバーも若いし、迷惑掛けられないからね。早く寝ないと。

さて、流星が見える位置ですが、東の空を中心に、空全体かな。
寝転がって見るのが一番です。
パカッと開けた口、ししの大がまが放射点。だけど、流星はもう少し離れて流れます。

さぁ、行くよ!

2006年11月14日 (火)

ナイスなCM

これを書こうとした時、カテゴリーを選ぶのに悩んでしまった。

だって、

■TVCM

■バイク

■星

■アニメ

■音楽

あまりCMのあるチャンネルは見ないんだけど、このCMを見るとワクワクします(^O^)

それは、カップヌードル。

しかも『宇宙航空研究開発機構JAXA』で見つけてしまったんですもの!

その中の『宇宙スキスキ』のコーナー。

多くは語るまい(^^ゞ

Akira

全巻揃っています(^_^;)

2006年11月 9日 (木)

朝の景色

これからの季節、結構好きなんだ。空気がヒンヤリとして、空が澄んで。

今朝は放射冷却の、ちょっと可愛いやつ。
本番はこれからだから。

外に停めてある車のフロントガラス。
日陰だからしっかり凍っています。
Pb090001

日が当たると、ジワジワと解けて。
Pb090005
向こうに見える灯台躑躅(どうだんつつじ)もしだいに赤くなって来ました。
『灯台躑躅』と書いたり『満天星躑躅』と書いたりするけど、『満天星』って良い響!

星が沢山見える空を『満天星(どうだん)の空』って言うね(言うか?)。
『どうだんつつじ』って言うと半村良さんの、子どもにゃ読ませられない小説『妖星伝・全7巻』を思い出します(^_^;)
面白いんだけどね。田村田沼意次が出てきたりして。

えっと、話し戻って、
西の空には月齢17.9の月。
Pb090007_1

Pb090004
なんかね~、すごく不思議。
浮いているんだよ、これが。
地球と引力の引張りっこしているんだよ。
31アイスクリームみたい。

そんな朝8時。
ご機嫌な私は、熱もすっかり良くなって元気に会社へ行きました!

2006年11月 8日 (水)

木枯らしは南風

日本中が荒れに荒れた昨日の天気。

昨日の朝、熱が出てしまい最低限の仕事だけをしに会社へ行き、昼前に退社。

帰りの車の中で見た来たアルプスにかかる雪雲。

日本海側から吹きつける西風が北アルプスにぶつかる。
安曇野では前夜の雨が蒸発し、北アルプスを駆け上がって行く。
そこで発達した積乱雲を作る。
積乱雲は上空の強い風に乱され、麓に雨となって零れ落ちてくる。
次第に雲は近づいて来て、いきなり雨を降られたかと思うと、太陽がパッとのぞく。

私が家に着いた時は12時。

カメラを持ち写真を撮ってみる。

南の空
2_7

西南西。乱雲が麓を覆っている。この下は雨。
この雲は、やがてここにもわずかな雨を降らせる。
Photo_57

西北西。常念岳が覆われている。
Photo_58

北東。北西の雲が乱れて流れている。
Photo_59
イチローが盗塁して2塁ベースにスライディングした所を、ライトスタンド側から見たみたいだ!

東。青空が綺麗。美ヶ原は雲の中。
2_8

再び南。ここの下も、雨。
Photo_60

ものすごく空が青い。
南のもっと開けた所に行くと、低く垂れ込めた雲から落ちる雨が、まるで柱のように見る事も出来る。(降水雲)
昨日の南の空はまさにそれだったけれど、さすがに家から離れて写真を撮りには行けなかった。
だって、熱があるんだもん(^_^;)

今日は無理せず休んでみたけど(*^。^*)微熱美熱。

ここ安曇野の真ん中で吹く木枯らしは地形の関係か南風となり、木立を荒らしていく。

家の柿木も葉が殆ど落ち、実もわずか。
鳥の餌となり、どれか一つ残され『子守柿』となる。
Photo_61
これで落ち葉の掃除もしなくて済むかな~。

この後、爆睡してしまうがものすごく強い風が吹いたらしい。。。

2006年11月 7日 (火)

月夜なsong

微熱にうなされる中、目が覚めた真夜中。
カーテンを開けると、外はやけに明るい。

外に出て見れば、真夜中独特の光を浴びる事が出来る。
足元の、揺れる木立の影もはっきりとしている。
私の影も、そこにある。

満月を過ぎ、まるで人生が折り返し始めた私の様な月が、空全体を覆った薄い雲のベールの向こうに見える。
1本1本の糸に月の光が反射して、空を一層明るくしている。
すばるはその光に混ざり合い、見えない。

オリオンが諦め去って行ったのがわかる。

神秘的な夜なのに、頭に浮かぶ歌は

♪月がとっても青いから~、遠回りしてか~えろ~

って、何でやねん(>_<)

鬼束ちひろの「月光」の様ないかにも神々しい音楽は、本物の神がかり的な自然現象には及ばない。
別にキライじゃないんだけどね。

どちらかと言うと

♪満月が僕の姿を、公園の円卓の大理石にくっきり写し出し、、、月と僕らの三つの関係の、謎掛け言葉を考えて立っていた

の、山下達郎の「PINK shadow」とか、

♪・・・ねぇ、聞いてよ。愛はmoonglow

の山下達郎の「MOONGLOW」とか。

月は優しく愛を演出するものである。

って、たまには言って見たりする。。。。p(>▽<)qキャハッ!

いえ、人それぞれです。

2006年11月 6日 (月)

すばる食

今夜6日の夜中から7日の未明にかけての天文ショーが繰り広げられます。
それは・・・『すばる食』
こんな感じかな?

ちょっと乱暴な猟師オリオンは、泉で水浴びをしている7人姉妹を見っけ!

コソーっと覗くも姉妹は気付き「きゃ~」って慌てふためいて逃げ出すの。

オリオンは逃げた姉妹を追っかける。

逃げた先が月の女神アルテミス。

オリオンに追われてる姉妹が哀れになって、アルテミスは自分のローブの袖の陰に隠してあげた。

ここだけの話し、実はオリオンはアルテミスにぞっこん。

でも、アルテミスは粗暴なオリオンが大キライ。

いつか蠍送ったろ!って位。

アルテミスは「姉妹なんかおらへんで~」と言って追いやる。

オリオンが居なくなった時、アルテミスは姉妹を鳩に変え空に放し星にした。

それでも一人は恥ずかしさの余り、姿を隠してしまった。

記憶は定かでは無いですが、こんな神話です。
「アルテミスの袖に隠す」
この部分の載っている神話が見つからないんです。
どの本だったか・・・。
以前本で読み、それが『すばる食』につながるので、感激していたんです。

そんなこんなで、本棚から懐かしい本を見つけました。
小尾信彌(おびしんや)さんの「星のことば」。
星の日記、神話、宇宙の謎を書き連ねた本です。

Pb060001

バーコードも無いし、消費税も無し。しかも変色してる~(>_<)

さぁ、今夜は・・・

・・・雨やん(>_<)

2006年11月 5日 (日)

うたた寝

零れ落ちた種から育つ花。

突然生まれ来る品種。

色の変化。

昼のまどろみ。

Photo_48
白いスプレー菊。

2_7
ほんのりサーモンピンク。

Photo_55
同じ品種のはずの、一株だけの白。

1_10
柔らかい花びら。だけど、気高い。

ちょっと眠たい午後。

蝶よ花よ

Photo_52
Photo_53

ツマグロヒョウモンチョウとキタテハが遊びに来ました。

Photo_46

この花の名前は『菊』。

今は、こんなに可愛らしい菊もあるんです(*^_^*)

我が家の楽園。
暖かいトロピカルハウス(一般ではビニールハウスと言うかも知れません)の中、いったい何種類の虫が楽園の中、飛び交っているんだろうか。

2006年11月 1日 (水)

欲張りな狩人♪

10月31日
Lyraさんと会社の休日を使いドライブに行って来ました。

ルートは
安曇野~松本~茅野~麦草峠~
小諸~帰宅

茅野からこの山の近くを通ります

1_8

まず最初の目的地、メルヘン街道沿いの「乙女滝」でマイナスイオンの中ちょっとイイ女になって来ました。
いや、なった筈です。はい、なったに違いありません。
お願い、なったと言って。
2_5

乙女滝から更に下って行く横谷渓谷の遊歩道は、歩かずに車で先回り。だって足が痛いんだもん(>_<)
そこで見た横谷観音からの展望は素晴らしかった!
槍ヶ岳、乗鞍岳、御岳(親しみを込めて「御岳さん」と言います)が見えて、う~ん、贅沢(^O^)

これ御岳さん。でも、霞んでるぅ~(^_^;)
3_2   

次に・・・見て!麦草峠のこの標高!
4
去年11月5日に行った時は道路封鎖の1週間くらい前。10cm程の霜柱が出来て土が盛り上がっていたよ。とても寒かった。
でも今年はいいお天気!

そして、原生林を抜けて「白駒池」に。
今日は閑散としていたけど、秋はいいね。
空が青い。
5
11 
6_1 
もうお昼を過ぎちゃったから、唐松林、白樺林を通り過ぎ、小諸に向かって1時間強。
「はりこし亭」に到着。
島崎藤村が『千曲川旅情の詩』を詠った宿「中棚荘」の隣。

ここのランチは質素だけど、種類があって安いの。950円!お気に入りの場所です。
7

で、最後に向かったのは、小諸懐古園を通り過ぎ「布引観音」へ。
ここの石段は高さがあってキツかった~(>_<)
直線距離は300m程だけど、つづら折の山道。
かなり険しい所を登って来ます。
8
9 

色々足早に贅沢に廻ってきたけど、帰りは迷いに迷ってやっと上田市丸子に。
ここまで来れば松本まで1本道。

三才山トンネルに向かう景色は紅葉真っ盛り。
トンネルを抜けるとやっと北アルプスが見えて来ます。
燕岳(つばくろだけ)の燕山荘(えんざんそう)の屋根が太陽の角度によって光を当て輝いています。
この季節かな。寒くなる前、いつもキラッと。

そんな所へ、私達にとっては究極の出来事。
美の女神ビーナスが私たちを迎えてくれました!

松本トンネルに向かう道で、西に向かう私たちの目を眩まして来た太陽が1/4山に隠れた瞬間、そのちょっと左上に輝く一つの光。
まだ太陽が残っているのに、宵の明星が見えたんです。
10
見える?見えないよね。走る車の中かからシャッター切った瞬間木が・・・(T_T)

最近は高度が低く中々見る事が出来なかった金星。
美の女神、ビーナス。
東の空には、狩の女神そして月の女神でもあるアルテミスが次第に胸を膨らませ始める。

今日はいっぱい秋を狩って来ちゃったよ。
乙女滝のマイナスイオンを浴びて来て良かったね~(*^_^*)

いつにも増して大騒ぎなドライブでした。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae