2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« いよいよシーズンイン! | トップページ | 月の船 »

2007年2月14日 (水)

二宮清純さんの講演会

昨日、二宮清純さんの講演会に行って来ました!

『勝つリーダー、負けるリーダー』

いえね、会社から帰って来たら郵便が届いていたのですよ。
「ご招待」と。
確かに新聞の広告欄で講演会がある事を知り、あ~行きたいな~って。
でも講演の内容が「勝つリーダー、負けるリーダー」と、企業のトップを対象にしたイメージがあったし、平日で同じ部署のオジさんが海外に行っている時なので諦めていたんです。

なのに届いていた1通の葉書。
気持ちと言うものはこうも伝わるものなのかと、その葉書を穴の開くほどジッと覗き込みました。
思い当たる節を追って「スポーツ活動の関係かなぁ」それともその新聞の「お年玉クイズに当選した事があるからなぁ」とか。
そんな驚きはやがて不安に変わり「もう一人の私が勇気の無い私に代わって応募していたのかも知れない」
もしかしたら病気かも、と不安におののき始める。

何故私?
身に覚えの無い事に対してこんなに恐怖を感じるなんて。。。
留まる所を知らずに想像ばかりが突き進み、これ以上行っちゃうと危ない妄想に顔が歪んでおかしくなりそうな所で、1本の携帯電話。

「葉書届いた~?」

って、Lyraさんだったんですね~。
季節の移り目に私が痒がっているのでは無いかと案じ、孫の手を送ってくれる。
そんな感じで嬉しかったよ。
本当、ありがとう~!だよ\(^o^)/

え?会社?
はいもちろん!午後早退致しましたさ!
ソウルオリンピックの金メダリスト鈴木大地さんとそのコーチの話の中からの二宮さんの言葉を借りると
『運は自分から取りに行くもの』である。
この招待を断る手は無いだろう。
『しかし、その運にもそれなりの準備というものが必要』なのだ。
これは常に応募用の(懸賞用とも言う)葉書を用意しているLyraさんに当てハマるのではなかろーか。
この二つがあって、あの不安をワクワクに変えスキップしながら行っちゃったね。

二宮清純さんを初めてテレビで見たのは、何年か前のNHKサンデースポーツのコメンテーターとして出演いた時だったと思う。
がっちりした体で大人しめに語る。サッカーと野球の比較をしていたと思ったけれど、若い割には切れ味が鋭い。
山際淳司さんが亡くなられた後に現れた若手ジャーナリスト、と言うイメージかな。
もっとも私は民放のニュースや報道番組はめったに見ないから、二宮さん以外の優秀なジャーナリストに気が付かないだけだと思うけど。

最近は喉の薬(?)ルルのCMにも出たりしていますが、「痩せたかな?」って感じです。
年齢も落ち着いてきた時だから「締まった」と言うか。

あんまり無理せず・・・と、つい山際淳司さんと重ねてしまう・・・。

えっと、講演会の内容は、私がここで書くよりこちらをごらんになって頂いた方がより正確だと思うので、紹介しますねん(^^)

『二宮清純 責任編集 SPORTS COMMUNICATIONS 

その中の、こちらです。

この講演の中で、主に受けた印象や感想だけでも挙げてみようと思います。

テレビでコメントしている時は穏やかそうで落ち着いている感じ。
所が、会場に拍手で迎え入れられて壇上に立ちすぐさまマイクを持ち喋り始める。
係りが途中で「ご紹介がまだなので・・・」とか何とか止めに入るも「いえ、このままで」と。
とても早口だけれど、言葉がとても分かりやすい。
話の持って行きかたが上手。
話しが横道にそれまくるが、有名選手のエピソードなどがあり面白い。
メモ書きも無い。
全てにおいてスピーディ。
確かにこの題材で色々な所で講演を行っているから、慣れてはいるのでしょう。
とは言え熱い熱い!
時折「若さ」を滲ませながら、斬る。
声もひっくり返る程情熱が伝わって来る感じで1時間半はあっと言う間だった。

かなり誉めています(笑)

折角なので、SPORTS COMMUNICATIONS に載っていない部分を少し。 

講演の後半、「勝つ」事に関して「イコールコンディション」と言う言葉を多様していました。
この基準は大切だと私も思います。

勝つには『勇気』『決断』『アイディア』
これが不可能を可能にする。
そのリーダーは『最悪の状態で最善のカードが切れるか』
要するに転ばぬ先の杖を何本用意しているか。

勝利の隠し味とは『修羅場にユーモアを持って来られるか』
リーダーとは『演出家・役者・心理学者である』


などなど。

この非科学科学な言葉、最近ではサッカー日本代表のオシムさんがそんな感じかな?(^^ゞ
あ、全く私の想像ですが。
そういえば、オシム監督へのNHKインタビュー番組で、山本アナウンサーが対抗して「料理に例えると・・・」などとやっていたけど、「私は料理人では無いので」と返され、てんで的外れ(-"-)
んと、余談でした。


二宮清純さんは、社会面を深く見たスポーツジャーナリストだと思った。
私はエッセイやゲーム(試合)の中でのドキュメントも大好きで、より人間的な山際淳司さん(実は芸能ジャーナリストとも)の本も読んだりしたけど、二宮さんはスポーツのコミュニティーを作り上げていく段階から深く参加し地域の振興にも加担されている感を受けました。

テレビの中で語られた事のある例も幾つかあるけど、講演と言う形であらためて聞く事が出来て良かった。
リーダー論と言う事で厳しい話しもあったけれど、全体として楽しく聞く事が出きました。
また今度はスポーツ中心の講演を聴きたいな!

そして今日の会社。ご機嫌を伺う様にチョコレートを配りました。
食堂でお茶の準備などしていると、いつも使わないお皿を使った形跡が。

午後、私が居ないからって、もしかして社長、ケーキ買って皆で食べました?(/_;)
それとも、パートのお姉さん、イチゴ買って来ました?(T_T)

と思いきや、「手作りあられ」を貰って頂いたのだそうです。
ベトベトするからお皿に。
って、説明受ける私が悲しい(笑)

« いよいよシーズンイン! | トップページ | 月の船 »

コメント

こんばんみ~!
企業のトップ向け講演会。
ほんと平均年齢高かったよね(^_^)
でも、不思議にす~っと受け入れられる講演。
話のモデルは決して”普通の人”ではなく、
”世界レベル”の人だったのに。
講演会の終わり頃、思い当たったよね。
『勇気』『アイデア』『決断』
『演出家』『役者』『心理学者』
これすべて子育てに使ってる方法、そして役割!!!
スポーツ選手も子供も社員も同じだったのねー
今さらながら、「な~るほど!」でしたわ!(◎o◎)

そうそう、企業向けでも、根本的な事は変らないかもね。
親子関係、師弟関係。そんなものにも通じるものがある気がしたね。
地域活性化して元気に、って地元も何かしないと。
しかも全国レベルの事。

って、事で野球で北信越リーグ発足けど。
「信濃グランセローズ」盛り上るかな~。
長野市だけっぽいけど。

セローって「かもしか」
YAMAHAにセローってバイクもあったね(*^_^*)

講演会後の帰り道ってすごくモチベーションが上がりますよね!
二宮さんという方は初めて聞きましたが、かなり有名な方なのですね。この日記から、講演会の後、自信に満ちあふれながらスキップして会場を後にするetaさんの姿が想像できますw

育美子さん>
あれ、見ていましたか?
スキップして公園を横切って行く所を(笑)
本当にそんな気分でしたよ(^O^)/
好きなジャーナリストなので、楽しく聞く事が出来ました。
このブログの最初の方にも、ちょっとだけ書いているんですよ。

これからももし見かけたら、思い出して下さいませ!


http://eta-carinae.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_0605.html

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/6201506

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮清純さんの講演会:

« いよいよシーズンイン! | トップページ | 月の船 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae