2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« エタノール燃料!? | トップページ | 月と星と春彼岸 »

2007年3月19日 (月)

春の高校伊那駅伝

春の訪れとともに開かれる

『春の高校伊那駅伝』

今年のエントリーは

男子 84チーム  ・県外57チーム(うち招待校10チーム)・県内27チーム(うち合同9チーム)
女子 51チーム  ・県外36チーム(うち招待校6チーム)・県内15チーム(うち合同5チーム)

長野県の高校生を中心に行われる大会なのですが、年々参加する高校が増えて伊那路はかなりの賑わいになった事でしょうね。
もともと南信(長野県を3つに[北信][中信][南信]と分けた場合の呼び方です)地方は陸上競技が盛んな所。
そこに全国の強豪校が顔を揃えるのだから、なんともはや、羨ましい限りです。

駅伝大会って全国各地で結構行われているみたいで、どの駅伝に重点を置くか、また次の大会に向けての調子を見ようとかの様々な思惑が含まれて必ずしもベストメンバーでは無いのですが、地元長野県の選手にとっては全国で活躍している学校を目の前で見る事が出来、良い励みになるのではないかな、と思います。
また、1、2年生の仕上がりを見たり、ベストメンバーから外れてしまいがちな選手にとっても沢山の学校の中で自分の力を試したりアピール出来る良い機会だと思います。

男子はなんと言っても注目は兵庫県の『西脇工業』『報徳学園』『須磨学園』の戦い振りです。
同じ県で今までの2強に割って入って来たのが須磨学園。
活躍が楽しみですね。
広島の世羅も鎧坂選手出るのかな~って楽しみにしていたけれど怪我の為今回は見送った様です。

長野県のチームは残念ながら佐久長聖以外は中々上に上がって来れない。
だから尚更、良い選手は佐久に集まるか県外に行ってしまう。

女子は須磨学園、立命館宇治、仙台育英あたりが上位に行くでしょう。
テレビでは男子の放送中にダイジェストで流しただけなので、ちょっと寂しいな。
長野県の女子だって素晴らしい選手はいるんだけど、孤軍奮闘と言う感じです。
男子とは逆にいい選手が分散しているみたいだし、県外にも行っちゃってます。
毎年全国でも上位に入る選手は1人2人居るんですけどね~。

取り合えず、結果はこちらでどうぞ(^O^)/

http://www.abn-tv.co.jp/program/ekiden2007/index.htm

この伊那の道は何度も通った事があります。

以前ブログに書いた【花よりランチなドライブ】です。

http://eta-carinae.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_c58f.html

特に伊那市街から高遠に抜ける道。
いいんだよ~。平らで見通しが良くって。格好のドライブコース!
ナイスロードって言うらしい。そのままじゃん(笑)
高遠の中に入って行くと確かに急な坂道。

高遠城址公園の小彼岸桜は高遠にしか無い桜だと聞きました。
桜の季節は平日でも公園内は車が止まったまま動きません(>_<)
一度そこにハマッちゃって大変でした。
でも、綺麗ですよ~!
今年はNHK大河ドラマ『風林火山』にもゆかりがあっていつも以上に大変だろうから、今年はパスだな(汗)
信玄の側室だった由布姫のお墓があるそうです。

話は戻って~~~

女子は小田切亜希が長野県の合同チームとして出場し区間賞を取りました。
今まで全国大会でも個人でとても良い成績を残しているので、2年生になりますがこれからも頑張って欲しいです。
あと
藤森が県外の高校から出場していて活躍していますね。

男子は何と言っても佐久長聖です。
優勝しました。
しかも2年生1人、1年生5人で!

1区の1年、佐々木健太 トップに立つと後ろを気にしながらも少しずつ2位を引き離しトップで襷を繋ぐ。

2区の2年、堂本尚寛 兵庫のスーパーエース八木に離され一旦は3位に落ちるも踏ん張って区間5位の2位。ちょっと貧血があるとかで心配していたけれど、何とか頑張ったね!1分位の差で3区へ。

3区の1年、村澤明伸 これが圧巻!9キロの長い登りで1位との距離を徐々に詰め始める。カメラから見ると迫って来る感じは無いのね。距離は長いし見通しの良いまっすぐな道。
一度も平らな所が無いの。望遠で撮るから迫っている様に見えたんだけどね。
でも、確実に近づいて来た。
一度はそれ以上追いつけないのか、西脇が余力を残して引き離しにかかるか、って所だったんだけど、西脇は精一杯だったのかな、村澤がその後一気に来た感じ。
しかも最後には急な上り坂があり折り返して4区に繋ぐんだけど、区間1位の走りでここでトップに立ったのです。

4区の1年、千葉健太 坂道を下って約9キロを走るコース。もうこうなれば千葉のペースかな。中学の時から全国に出ているので、顔は見慣れてしまった。もうベテラン!って感じだけれどまだ1年だったんですね~。もちろん区間1位。

5区の1年、藤井翼 実はこの選手、知らなかった~(>_<)。だから途中からすごく苦しい顔していたから心配したよ。
須磨学園の
中山卓也が後ろからグングン来ているし~。
淡々として走っていて体が大きいのでそう早くは見えない。アナウンサーも解説者も言っていたけれど隣に誰か走っていると良く分かる、とか。
確かに!同じ兵庫の西脇をかわす時、スピードの違いを見せ付けられたって感じです。
もちろん区間賞。藤井も苦しそうながら区間2位でした。

6区の1年、佐々木寛文 怖い中山とは1分の差があったから余裕で走れたね。後続をさらに引き離し完全な独走となり区間2位。
ゴールして見れば、2位須磨学園に2分の差。

地元とは言え、良く頑張ってくれました\(~o~)/
伊那は松川町とも近く、中学で活躍し佐久長聖に進む選手もいます。
歩道からの声援も多くて、その声に乗っかってみんなみんな活躍出来るといいね。

このブログ始めてちょうど1年になります。
1年前も、この駅伝の事、書いたなぁ。

« エタノール燃料!? | トップページ | 月と星と春彼岸 »

コメント

確か、3月18日だったけ?
1周年、おめでとう!(^O^)/

駅伝観てる時って、私の頭の中は
大黒真季(こんな字?)の”熱くなれ”
が流れてます。
「よし!よし!行け!行け~~~~~!」
だから疲れます。(^^ゞ

3区村澤君は、私の友人の同僚の息子でした。
(関係的には遠い・・)
男ばかりの3人兄弟の末っ子で、
長兄は国立☆岡大学、次兄は長野県立深☆高校を
今年卒業、そして佐久長聖のエースの弟。
木曽じゃ、超すご~~~い兄弟で有名なんだって!
男ばかりの兄弟なら、負けず嫌いも半端じゃなさそう。
今後が楽しみだね。(^。^)

lyraさん>
はい、1周年です!ありがと~(^O^)/
あっと言う間だったねぇ。年も一つとってしまったし。
大黒摩季だったかな?でも曲がわからない(^_^;)
もうドキドキものだったよ~。

>(関係的には遠い・・)
あはは!よくあるある(^_^.)
すごい兄弟だね。お兄さん達の頭の良さもハンパじゃないんだ~。
怪我せずに頑張って欲しいね!

伊那駅伝観たかったですねぇー。
VTR録ってる人いないですかね?女子のダイジェストだけでも見たいのですが。

ヨネ助さん>初めましてm(__)m
折角来て下さったのにごめんなさい。残念ながら録画してなかったのです。
女子のダイジェストは優勝したチームと県内の選手一部だけで、ホントもう少し放送してもらいたい所です(-_-;)

申し訳ないので、新聞記事から・・・
仙台育英の藤森選手は長野県(松本市)出身の選手で、育英はこの季節の大会には今まで出なかったそうですが、監督のはからいで藤森選手の為にエントリーしたのだそうです。区間2位でした。

この駅伝の長野県内のTV視聴率は13%でした。

頑張ってVTR探して下さいネ!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/5738035

この記事へのトラックバック一覧です: 春の高校伊那駅伝:

« エタノール燃料!? | トップページ | 月と星と春彼岸 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae