2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

マニュアル車の副産物

セリカST202の持ち主が遠出をするために私の車を提供して欲しいと言って来た。

この車はマニュアル車。
私は何故彼にマニュアル車の免許を取らせたかと言うと、

そう、この先の人生に絶対必須な軽トラを運転させる為です。

しかし、そんな事わざわざ言う必要ありません。彼は心得ていたでしょう。
ですが、気持ちよく取得して貰う為には私の気持ちを正直に伝えねばならない。
で、伝えました。そして彼は素直です。
「男たるもの、マニュアル車くらい運転出来なくてどーすんの!」と。
「そりゃそーだ!」と
潔い返事が返って来ましたともさ!
その後
「男たるもの、バイクくらい乗れなくてどーすんの!」とけしかけ、言われるままに取った二輪免許。
しかし欲しいバイクが見つからない(>_<)
泣く泣く(いや泣いたのは私。隙を見て乗ってしまおうと言う私の策略がパァ)バイクの購入は諦め、そしていとこからFAXで送られて来るパンフの数ある中古車の中から選んだこの車。

Img_1725

遠出する仲間、誰もMT車の運転が出来ないのだそーです。

私が乗ってみてまずしたことは、

椅子を思いっきり前に出す。
ハンドルが持ちにくいので少し下げる。
足が届かない。
椅子を高くする。
思いっきり高くしても低い。
足が届かない。
ちょっと下げる。
ガソリンを入れる(-_-;)洗車する。ワイパーを変える。

そんな5MT車。お陰で普段使わない左足に違和感が(^^ゞ
そのせいか、金曜日の夜中の土曜日の朝方かな、夢の中で右足が攣ったんです。
何故右なんだろう、あ、私左足が効き足だから負担が右に移乗したんか?と夢の中でテキトーに納得していました。
起きてからはそんな夢も痛みも忘れていたんですがね。

土曜日は次男が部活の応援に行くからと、後輩も連れて行きたいとの事でそれがまるで当たり前かの様に
「連れて行って」と。
私もドライブしたかったし息子の後輩も見たかったし(*^_^*)
「やっぱり加速いいね~」
「スポーツカーだもん」
と、乗れてる車で乗らない会話。

後輩っていい男ぉ~?と兄になら絶対聞ける質問も弟にはとても聞けやしないので、我慢して会うのを楽しみに待ち合わせ場所まで。
さっぱり系爽やか系の天然系(笑)の可愛~い後輩君でした!
帰り、迎えに行って降ろした時も「いつも先輩にお世話になっていて、ありがとうございます」と低姿勢。
この次男が先輩かぁ~*:+゜・。*ヾ(●´∀`●)ノ*。・゜+:*
ちょっと母良い気分。

夜はバレーの練習。
7時から『K』と言うチームの練習。これはいつもの。
それに8時から『T』と言うチームの練習がバッキングバッティング^^;
もうじき始まるリーグ戦のチームなのでその前に合同練習をと、徴集されました。
3日は『K』の試合が控えているので顔だけは出したいと言う事で結局練習のはしご。

『K』の乱打には加わらず念入りにストレッチ。
人の倍の時間はかかります(^^ゞ
その後トス練習をしたり順番にスパイク-ブロック-ボール拾いを繰り返し8時には次の体育館へ。

『T』と言うこちらの練習は2チームの合同。
実は同じチームだけど片方は若い人中心の1部、もう片方はある年齢以上と言うハイグレードな2部・・・私達だ。
試合形式で始めるのですが、これが激しいんですね~。
男性もビシッと打って来るヾ(≧∪≦*)ノ〃
ジャンプ力のある男子のスパイクにブロック着くにはタイミング。
やや遅れて飛びます。
熱くなって格好良く真下に打ち込もうとすれば、意外とブロックに当たっちゃうんですね~。
でも手が痛い。
私の場合当たる確率が低いから(汗)痛くもないんだけどね~。
申し訳程度にジャンプするんです。

で、ジャンプした瞬間、右ふくらはぎに違和感が。
何とか着地して「つ、つつった、攣った」と。

そんな予感はあったから自作のスポーツドリンク持っていったんだけどね。
水+蜂蜜(適宜)+レモン果汁(適宜)+塩(適宜)
レモンじゃなくて梅干の方が良かったかなと後悔。

その後密かに2回目の攣り、3回目は後衛の左サイドにいてラリーになり、フェイントにうまく飛び込んて拾った満足感がいつまでもあって、次のプレーはどうでも良い状態。
そんな時相手チームの男子が打つ!って事で構えに入った所、後ろにぽわ~~~ん、と。
「前に出すぎ!」って怒られる~(T_T)と思いながら目いっぱいジャンプ。
でも身長が低く届かないーっ!!
そしたら攣り~~(>_<)、

って事で試合打ち切りil||li _| ̄|○ il||l

いや、時間だから。

練習が終わって車に乗り込みクラッチを踏んだ瞬間、今度は左ふくらはぎが。
やばっ!と車を降りてストレッチ。

なんとか運転出来る状態で家に着きました。
お風呂にゆっくり入りマッサージをしたせいか多少の違和感だけが残った位で痛みは取れました。

で、日曜日。
長男に予定を聞いたら返事が無い。
取り合えず、遠出から帰って来て車の交換に来ると言っていたけど、それも気の毒な気がして
「無理しないでね、お母さん少し慣れたから」と優しくメール。
なぜかすぐ返事。

「本当?じゃ遠慮なく」

「おーい!」

よりによって、まさかこの車を私が運転する事になるとは。

AT車の免許にさせりゃ良かったと後悔した瞬間(ノc_・)ハア・・・

Img_1723

意味も無くメソウサ。
首は本当はリボンじゃ無くバンダナなんですがね。
他にも色々違いますが、見よう見まねで作りましてん。

この「メソウサ」セリカに乗ってまんねん(笑)

一足お先に!テレビで映画鑑賞

今日、NHK-BShiにて、今話題の映画

『殯の森(もがりのもり)』

を観ました。

だいたいこの時間は時代劇チャンネルの『暴れん坊将軍』を見せられるハメに合うのですが、今日は数人の欠員があったのと、一番チャンネル権のある母が某締め切りに追われていたため、今日は私が1人で台所を占領。
居間で無い所がミソ。

あ、でも我が家は数台のテレビがあっても基本は1台しか付けません。
何故かは分からないのですが、それぞれの場所で違う番組を見れば収まるものを、わざわざ争いをしたいかのように、一箇所に集まりチャンネルを争いますます。

高校3年の息子でさえ、携帯でメールしながら暴れん坊将軍を見ています。
携帯するなら2階へ行きなさい。見るなら携帯止めなさい。
まるで理不尽な事を言っているかの様な顔でこちらを見、再び携帯しながら見ています。
しかも寝転がっています。
たまにこちらが蹴って「あ、ごめん」と言うと「いや僕が」と逆に謝ります。心配です(-_-;)
ですが、今日はその子は自分の部屋に。
うわ~、午後8時に台所で全く1人だなんて嬉しい~!





さて、始まった『殯の森』

約1時間40分。

私の感想です

映画や物語は、皆に見せる(読ませる)部分が終わった後が実は始まりなんですね。

それからと言うものは口にする必要も無く、観た人それぞれが感じて想像していく。

後味と言うものをゆっくり味わえる、そんな映画やドラマ、小説は好きです。

映画が終わって監督のインタビューや映画の出来た背景、主役のシゲキさんと介護福祉士の真千子さんの紹介。
真千子さん役の女優さんてNHK朝の連続テレビ小説「いもたこなんきん」にも出ていたらしいけど、印象が無いなぁ。
「いも・・・」の中でうまく生かされてなかったのかも~(^^ゞ
河瀬直美監督が「萌えの朱雀」の時に起用した女優らしいので、きっとお気に入りの役者なんだろうな。

そして『殯の森』の題字が好き。
映画を観た後、何故このような書体なのか分かる気がしました。
いや、どんな書体でもきっと納得するんだろうけどね(笑)

カンヌ映画祭の授賞式で河瀬監督が挨拶している時の会場はしーんと静まり返っていて、終わるとすごい拍手でしたね。
何度もテレビで流していましたが、載せちゃいます。

「人生はたくさんの困難がある。お金とか服とか車とか、形あるものによりどころを求めようとするが、満たされるのは一部。目に見えないもの、誰かの思い、光、風、亡くなった人の面影。私たちは、そういうものに心の支えを見つけた時、たった一人でも立っていられる、そんな生き物なのだと思います。そういった映画を評価してくれてありがとう。この世界はすばらしいです」

皆様もこの映画をご覧になる機会があれば、是非(*^_^*)

2007年5月26日 (土)

青いやつら☆(o^^o)ふふっ♪

ん~~~~、まだまだ青いな。




いわゆる『未熟』ってやつぅ~?




すっぱいすっぱい!




まだ食べるの早いって!

Photo_110

ただでさえ酸っぱいんだから!



Photo_111

ちゃんと色が変らないとね!


Photo_112

これだって大人になれば見違える程の美しさよ!


Photo_113

ママ、どこ?

あたしも大きくなったら白鳥になれるの?

2007年5月23日 (水)

セ★パ交流戦のところどころ

今年も昨日から始まりました。プロ野球セパ交流戦。

昨年はホーム&アウェイで3試合ずつが今年は減って2試合ずつ。

私が本当に見たいのは ロッテ×中日
でも私の地域で放送が無いのが残念です。

なので今日はNHK-BS1で 楽天×ヤクルト と GAORAで 日ハム×巨人 を。

楽天はルーキーの田中マーくん。
なかなか勝てないんだよね。
本当はオールスターが終わった辺りから徐々に登板すれば、来年は新人賞候補に真っ先名乗り出る事が出来た気がするんだけど、チーム事情を考えると仕方ないのかな?
今年打たれるのは仕方が無いね(>_<)
体は出来ているように見えてもまだ18歳。
今の勝てそうで勝てない状態が続けば、後半が心配です。

ヤクルトの石井投手はイチローや中日の上田と、確か同期。
甲子園は経験していなくても、かなりスカウトが来ていたらしい。
高校は忘れてしまったけど、千葉の方だっけ?
選手名鑑、今年は買ってなかった(>_<)

日ハムのダルビッシュくん!
今年は全日本のエースにもなるね~(^O^)/
今年、もう3年目。
日ハムと言えば田中幸雄選手、先週2000本安打達成!
22年かかってと言うのは最長記録とか。
もう40歳なんだね。
以前にも書いたけど、ルーキーの頃は同じ名前の先輩もいた事から「コユキ」って呼ばれていたよ。
その頃良く週刊ベースボールって雑誌を買っていて、時々活躍が載っていた。
昨年中に2000本が出なかったので、今年もモチベーションを保つのは大変だろうな、と思ったら今年は結構使われている。
それでも、記録が出る2試合前のオカオを見た時は思わず「ダメだよ!」と怒ってしまった。
ヒットが出ないと、いつまでも首をかしげて、腕の振りの確認を何度も。そしてまた首をかしげる。
いつまでもやっているんだもん。回りにいる仲間に対してもいつまでもそんな顔はダメだよ~!
で、次の試合は打って変ってニコニコニコニコ、ニコニコニコニコニコニコニコニコ。

我が家の次男が一言

「試合する態度じゃない」

と。

おおおおおお、お母さんはそこまでわ言わないわよぉお(^o^;)

でもでも、2000本安打達成おめでとう!
これから、いえ今までも指導的立場の選手だと思います。
頑張って欲しいです!

でねでね、、キャッチャーの鶴岡選手。

http://www.fighters.co.jp/team/players/catcher.html

優しい顔つきが大好きなんだけど、よ~く見ると
ちばあきおの漫画「キャプテン」に出て来るキャラクターに見えてしまって、ついつい応援してしまいます(^^ゞ

Bch101650000100

巨人の金刃(かねと)選手。今年は新人賞の最有力候補かな。
夏過ぎ、頑張って欲しいです。
今年の打線はどこから始まっても怖いです。

まだ2試合が終わったばかりだけど、
楽しみだな~。

結果ですか?

いや、あまり結果にはこだわらないので(笑)

でも中日ファンです\(~o~)/

2007年5月20日 (日)

話の花芽を啄ばむは

桜の花だけじゃ無く、我が家はスグリが危ないです。

Photo_107

後は真っ赤に色着くのを待つだけの、赤スグリ。
鳥に食べられてしまったのか、今はこの房の半分もありません。

これから守らねばならない幾つかの果実。

可愛い真っ白な花を咲かせたブラックベリー。

Photo_108

そして、花が終わりいよいよ♪なブルーベリー。
同じ「ベリー」が付いても、これを見ると全く違う種類だとわかります。

Photo_109

絶対死守しる!p(`・o・´)q

さて、咲かなかった桜。
地方紙には

『徒長枝説』『ウソ説』『気候の影響説』

と3つの説が上がっていました。


『徒長枝説』
標高600m以上の所では徒長枝(花がつかないその年の新しい枝)が伸び、花が目立たなかった。
昨夏が暑かったため、徒長枝が異常に伸びたのではないかと言う事です。

『ウソ説』
例年よりもウソが多く花芽をついばんでいる姿がよく見かけられたらしいです。
全国的にウソの被害が話題になっていました。

『気候の影響説』
昨年8月以降の雨不足と今年の冬の少雪によるもの。
夏の水分が少ないと出来たばかりの花芽が枯れ、徒長枝ばかりが伸びる。雪が少ないと地表が冷え込み標高の高い所では膨らみかけた花芽が凍ってしまう、との事です。

これを読むと『徒長枝説』と『気候の影響説』が似たような感じですね。
「ウソ」だけ仲間外れ?
いえいえ、ウソの飛んできた時期やウソの数などは気候の影響もあるでしょう。
・・・多分。

これも地球で生きている証し。
長い地球の歴史を見るともっと激しい気候の変動もあるのです。
でも原因を知りたいなと思います。思うだけだけど(^^ゞ
「何故咲かなかったのでしょうね」と聞けば「異常気象かなぁ~」
とその後の沈黙の中にも思考は止まっていない。
そんな会話のキャッチボールを楽しみたく話を投げかけると、

「異常気象だから」

・・・。

私みたいにしつこいと(家族談)答える相手も大変です。
だから相手にするのが面倒になったら、一言こう言えばいいのです。
誰もが否定できない説得力を持つ言葉ですねー。
実際言われると、突き放された気分になって悲しくなりましたわははは・・・

「異常気象だから」
「んだな」

終了~。

さぁ、これから話しがわいわいと賑やかになるぞーって時に、花芽を食べられた桜の花の気分だよ~。

やはり花芽をついばんでしまったのは、いえ、桜の花が咲かなかったのは『異常気象』と言う事でしょうか(^^ゞ

と、私も思考放棄ヽ(~∀~)ノ

そして見上げた空には

Ok

2007年5月17日 (木)

ひたすらに、ただひたすらに

先週の土曜日、山間ばかり走って参りました。
300番台、400番台の道です。

長野市大岡。旧大岡村と言う、松本市~長野市の国道19号線沿いです。
沿いではありますが、その道をほぼ平行に走っている山道です。

大岡に来る途中、いくつかのダム湖の横を通るんだけど、道路からすぐ脇まで水が溜まっていて綺麗。
・・・と思ったら、助手席のlyraさんが
「怖い~」と。
ええいっ!いちいち怖がるんじゃねぇ!(笑)

やがて19号を右に折れ山道へと。
うん。例のごとく山道です。
ぐんぐん標高が高くなるにつれ、北アルプスが今までとは違った姿を現した。
きれ~(^O^)/

展望台へ行く道が分からず案内板の前で悩んでいると
「何処にいかれますか?」と、ツーシーターの車で通りかかった黒いサングラスのお兄さん。
そう言えば私自身、何処に向かっているか実は良く分かっていなかったので、つい
「私は何処に行ったらいいのでしょうか」
と聞いてしまった。
そこはlyraさん、ちゃんと行く先を説明してくれて
「僕もそこに行きます」って、何てラッキー~  ⌒゚(  ゚ ∀ ゚ )゚⌒
黒いサングラスを掛けたお兄さんの、軽トラの後を着いて行きました。

走る事およそ 300m(≧3≦)そこかよっ!
そこはレストランもあり、イースト菌の良い香りも。
もちろん頂きました。

Photo_101

パンと夏みかんのマーマレード、バター、梅ジュース。

これはレストランの外にある展望台から見た北アルプス

1_3

下に見えるのは犀川。
上高地から流れる梓川と奈良井川、穂高から流れる万水(よろずい)川と穂高川、大町から流れる高瀬川が一緒になり、長野市内で千曲川と合流し新潟県に入ると信濃川と名を替え日本海に流れ着きます。

大岡村と言えばこの藁の道祖神が有名です。

http://www.localinfo.nagano-idc.com/kanko/oooka/index.html

Photo_102

これが4体揃って、スッキー、ノッキー、レッキー、ツッキーと言う、長野オリンピックで活躍したマスコットキャラになりましたね、確か。
・・・時の流れと言うものは、時に記憶がシェイクダンスします。

ごめんなさい、こっちが本当のマスコットでし。

http://www.shinmai.co.jp/olympic/alacarte/mascot.htm

景色を眺めると、向こうには平らな稜線。

Photo_103

何処だろう、建物も見えるね、って話していると1台のバイクが。

今時のバイクに乗った若い子は「ピースサイン」の意味が良く分からない様で、走り抜けて行くバイクに向かってピースサインをつい出してしまったのだよ、昔バイク乗りだったおばさん達は。
そしたらその子「はい?」って感じで止まっちゃった~っ!!!!
ゴメンネゴメンネごめんなさいっスミマセンスミマセン許して下さいっ(>_<)

なんか、息子の声が聞こえるようだよ。
「母さん達、恥ずかしいから止めてくんね?」って(^^ゞ

山の上に行って開放的な気分に成った瞬間、現実に戻ってしまった。

その後、相変わらずの山道を通り抜け信州新町へ行き昼食。
ジンギスカン♪これは確実な現実。スンナリと受け入れちゃうね。

そして帰路に着いたはず。
この19号を走って行くだけの事。何も地図見る事ないのだよ、lyraちゃん?あん?
「このまま帰るのはイヤだって、あ~た。じゃ、池田の大峰高原へ行って見る?」
って話になったら、安心してか地図帳を後ろの席へ。
で、「どこから曲がるの?」って素で聞かないの!地図見て私に教えてちょ(笑)

で、今度は反対側の山の中へ突入。
ここはオオカエデの紅葉が有名な所。大峰高原。

Photo_104

そこから見た景色。あれ?もしかして大岡?道祖神の?
って。事はさっき見たこっち側の景色はこの大峰高原?
って、妙に感激。

Photo_105

綺麗な若葉を満喫し、目のアレルギーも最大限発揮して、いつもの様に迷って、結果オーライで、様々な収穫を得て帰って参りました。
本日の走行距離は180km。
ちょ~っとお昼食べにいくだけだったんだけどね(笑)

午前中晴れるって事で突然のドライブだったけど、初夏を満喫!

夕方、最後の大会に出た次男の様子をチラ見&迎えに。
雲の隙間から射す陽が綺麗。

Photo_106

こんな親だから「絶対来ないで」と言われ続けて来たけど(汗)

部長、お疲れ様(*^_^*)頑張ったね!

2007年5月14日 (月)

GT・・・2◇ピットを歩けば

 富士スピードウェイGT第3戦 予選 より

しかし、富士山は私には相変わらずの姿。
まともな姿見た事ありません(T_T)

Img_1312

第1コーナーに入るスタンドで最初の予選を見た後、ピットウォークに移動。
2輪とは人の入りが違うなぁ~。まだ30分以上あるのに長い列が出来上がっていましたよ。
田舎モンだから並ぶのは苦手だけど、3人で行ったからね、そのあたりは雑談していたから時間がアッ言う間に過ぎました。

ねぇ、この人ごみでさ~ピットウォークに入ったとたんに「ハイ、出口まで止まらずに進んで下さい」ってオチじゃ無いよね?
と言う連れの不安を強く否定も出来ず、実際当たっていた様ないない様な、な人の海。

一緒に行ったもう1人の若い子(男性♪)は「僕あっちに行ってみます」と人ごみにかき消され、目当てのチームもドライバーも居ない私たちはただ立ち止まる。
まるで潮目の隙間に入り込み、先にも進めなければ戻る事も出来ずその場で浮き沈みをただ繰り返すだけ。

そこで一句

えいえいとジャンプも低い五月雲

たまには人ごみにこんなのが現れたりもしますが。

Img_1336_1

しかしこの中で一つの大発見が!
今までの経験上、たとえ人の山でもそんなに高くまで視界を遮られる事はなかった。
何故、この人ごみは背の高い人が多いの?
2.5m以上の大変バランス感覚に優れた人もたまに居るけど、『絶対身長』が2輪に比べて高い気がする。
人口密度が高く、目の前の人までの距離がショルダーバックの厚み分しか無いので大きく見えるの?
空いていると、隣の人までは距離があってそう高くは見えない?
遠近法を用いてみましたが、ちょっと強引ですかしら(^^ゞ

いや、本当。
コレでは太刀打ち出来ないと(何にだよ?)、ピットロードのチームの人がサインとか出す所。
あそこなら高いし人が余りいないので、そこ、歩きました。
ドライバーさんは出て来てもきっと人ごみの中。マシンも人ごみの中。

そして必ず押し合いへし合いの中には、肌をあらわにし決して目の下に皺を作って笑うなどと言う愚かな事をせずに、満面の笑みを作り出す可愛らしい女性たちが。

そこには一つのコロニーが出来、やがてブンポウ。

あ、ちっと書いてみたかっただけです、季節がら、ハイ。

しかしながら、鈴鹿で養った勘は鈍っていなかった。
人ごみの混み方のちょっとした違いに敏感に反応。吸い寄せられる様に近づくと、そこにはドライバーさん。
しっかりサイン頂いてきましたよん(^O^)/

それと忘れてはならないお土産。

Img_1594

チームスタッフさんが配っています。
しっかり頂いてまいりました。

その後人を探しにパドックを数回行ったり来たり。
GT好きが興じてお手伝いをする事になった人と昨年冬以来対面する事が出きました。
頑張っているね~(*^_^*)

さてさて、今日はこの辺で。
2回に分けて書くつもりが、まだ2回目の予選に辿りつけません(^_^;)

待ってて下さいね~!

【おまけのサイン館】このサインだ~れ?¢( ゚ - ゚ )

Img_1597

Img_1600

Img_1604

Img_1602

2007年5月 7日 (月)

ブルーベリーの夕暮れ

白いブルーベリーの花が満開になりました。

ところ狭しと寄り添って咲いています。

この季節は、まだまだ朝晩と寒くなる時があるからね。

暖まろ、ネ。

Photo_100

2007年5月 5日 (土)

金網の向こう側

5月3日、富士スピードウェイに【SUPER GT】の予選を見に行って来ました。
今年は行事やら何やらと色々で全く落ち着かなくなるだろうと、毎年鈴鹿サーキットで行われる大好きな2輪レースの観戦は諦めていたのです。
だけど、行ってしまいました。
しかもタイヤが2つサービスの4輪のレースに。

GTって何!?
GTと言えば・・・と、また話しが横道にそれて元に戻るまで1週間かかりそうなのでSkipします。
でもGTって何!?
「GRAN TURISMO」って事でいいのでしょうか。ヤダ、プレステのゲームじゃん。
私が息子の誕生日プレゼントにあげた「MotoGP3」だったか2だったかを、ちゃっかり売ってGT4手にしてた、曰くのアレですな(-"-)

で、何故そんな曰く付きのレースを見に行ったか?

だって、先月の鈴鹿サーキットの2&4に行けなかった寂しさが、ず~っとず~っと尾を引いていてサ。
GW中なら1日位出かけても、って。
富士あるじゃん!って。
車で行けるじゃん!って!
3時間だし!って。

じゃあ、何故予選?
経費が抑えられるからです、ハイ。
いえ、3日しか空いてないのです。

と言う事で、朝5時前に出発。
諏訪湖の湖面が綺麗!写真撮りたい~!でも運転中~(>_<)
朝日が寝不足の額に容赦なく直撃。

またこんな事書いていると、今日中には書けないなので再々Skip。

朝8時にゲートに到着!
予選日の観戦券は3,000円。なのに、後で3,000円キャッシュバックするから今は6,000円払って下さいって!

しかも車のゲートで。
へぇ~、所変ればなんですねー。

高速道路の下りは朝早くても長野方面への入り込みの車が多く渋滞気味。
でも富士に向かう私には渋滞など全く無問題。
富士スピードウェイのゲートさえも。
そして、駐車場。
何事も無く、気が付けばサーキットの回りをぐるっと一周・・・ちょっと手前。
そこまでいくつかの駐車場があったけど全部一杯でした!!
これには驚いたな~。

そんなこんなで無事スタンドへ。
おっとその前に、公開車検へGO!

Photo_96

あまり人が居ないので写真撮るのもなんか恥ずかしい感じ(^^ゞ

Zanavi

殆ど予備知識が無いままに出かけてしまったがため、そこに居る人は
「あのドライバーは何て名前だったかな」以前に
「あの人、ドライバーの匂いがする」位しか分からない。

Raybrig

Photo_97

その後パドックに行っても、やはりドライバーの匂いはしても自信が無いので近寄れない。
横に居た人の会話を盗み聞きしたり(^^ゞ、素早い行動をする人のそばにいて、同じ動きをしてみたり。
もちろんこれはさり気なくですよ、さり気なく。

Photo_99

そしてサインを頂き写真を撮りそれらを照らし合わせる事により、名前と顔が一致する様になれば貴重なファンがまた一人誕生するという事で、ドライバーさんにその旨を伝える事は取り合えず省略しつつ
「写真お願いしてよろしいでしょうか」と堂々と言う事が出来るのです。
と、エラそうに書いてしまいましたが、何せお顔が分かりませんので人が集まっているドライバーさんだけ頂きました。

Photo_98

しまった!ビヨンくんは昨年(2&4)も2回貰って、今回も2回貰ってしまった(^_^;)
この笑顔だからつい写真撮りたくなっちゃうんだなぁ~。

そして第1コーナーのスタンド席で最初の予選を見ました。
最初はGT300がコースへ出て、その後GT500。
そして300と500の合同。
これ迫力ありました。

第1コーナーは見るには良いけれど、写真が・・・

18

1epson

1xanavi

1zent

金網は、痛い(>_<)

続きは、またね~。

2007年5月 1日 (火)

ウソの新事実!?

と、言う事で事実をこの目で確かむるが如く、昨日29日、

光城山に登って来ました。

朝一番で登って来ようとと思ったんだけど、前日我が次男が
「熊でるよ」
の一言で萎縮(>_<) 熊ですが、今の所報告はありませんよ~!

朝は霧が巻いた形跡と、日陰には薄氷(うすらい)
熊が出る出ない以前に寒くてイヤ!
仲間が居るならいいけど、昨日は突然思い立った様な感じなので誰にも連絡せず。

家族から
「帰りに牛乳とお線香買って来て」
と普通の買い物まで頼まれての登山って(-"-)

持ち物は

◆土曜日のバレーで飲んだ爽健美茶の残り
◆チョコレート
◆カメラ関係
◆テープ(足の爪が痛む可能性在り)
◆傷バン(必需品)
◆ICE RUB(筋肉、関節の瞬間冷却材)
◆抗ヒスタミン軟膏(虫刺され用・蜂とか)
◆スプレー式の洗浄水(毒虫に刺された時冷やす、洗い流す)
◆薄い作業用の木綿の手袋(素手は避けた方がいいの)
◆他

途中かなり暑くなったので、飲み物はケチらずもう1本持って行けば良かったかな(笑)

光城山の麓は葉桜。
花も結構付いてるじゃん、と思いながらえっほえっほと登ります。

頂上までの距離は短く、ゆっくり上がっても1時間かからないのですが、急なんです。
帰りは滑るので大変だし。

確かに花は少ない。
まだ葉っぱがあまり出てないのに。

Img_1185

何かいますけど。花の中に顔突っ込んでます。
メジロ?

見下ろすと、麦畑と水を張った田んぼと、まだ水を入れてない田んぼ

Img_1190

高速道路を走る車が映っていますね。

途中で見つけたイカリソウ

Img_1199




山頂に登ったら、景色は素晴らしい~!

桜さえ咲いていれば(>_<)

桜の木の間から見た中央アルプス木曽駒ケ岳方面

Img_1242


そして、薄いけど、南アルプス甲斐駒ケ岳方面

Img_1233


そしてコレが北アルプス!

Img_1207

Img_1206
コレはちょっと下から撮ったけど、白馬方面。

やはり午前中に登るべき!
しかし、渡り鳥の『ウソ』よ、見事なまでの食べっぷり(^_^;)

ああ、霧の巻いている朝に来たならばもしかしたら雲海が見えたのかも知れない。

ほんの15分ほど滞在。

下りは滑るので、なんなら滑って下りてしまえ!の如く、体を斜めに向けてズザザーッと下りて行く。
こうするとね、バランス崩しても山側の手を付くだけだから転ばないのさ。

いや、アレだけの装備したのに靴が普段の靴で来ちゃったから~(^^ゞ
必要以上に滑ってしまったと言う事実。

いえ、事実はこっちじゃなくて・・・

途中で綺麗な蝶発見!

Img_1248

帰り、駐車場から出てR19をどっちに行こうか迷って結局「光橋」に。

ところが!ここの先の信号までいきなり渋滞!

だから車の窓から写真撮りました。

Img_1257

信号を右折して穂高方面に行きたい車が多く、その穂高方面がこんな所から渋滞しているんだ~と驚き!
私は暫く我慢して、横道から横道へといわゆる田んぼ道を通って、買い物をして帰ってまいりました。

さて今日30日、足のふくらはぎの張りを心地よく感じながら草取りしたり自転車で散歩したりしてダラダラしていたら、午後、昨日買ったお線香を持って行った先から父が帰って来て、

「桜は『ウソ』の可能性のほかに、『ヒエ』の可能性もあるらしいぞ」

と。

今度は『ヒエ』かい!

ん~?

かすかに画面の向こうから

「ひえ~!」と聞こえた気がしたが(笑)




ちなみに『ヒエ』は鳥ではありません。

『冷え』です。
冷え込みね、寒いアレです。

『ウソ』も来ていた事は間違い無く、花が咲き出した頃の寒さにもやられた可能性がある、と山マスター(とは言わないが)は申されたそうな。

まぁ。どちらにせよ

足痛い、腰痛い(>_<)

続きを読む "ウソの新事実!?" »

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae