2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 遺産 | トップページ | 言葉の風景 »

2007年8月16日 (木)

安曇野に舞う

8月14日、安曇野三川合流御宝田遊水地で行われた

安曇野花火大会

に行って来ました。

今まで旧明科町と旧穂高町がそれぞれ行っていた大会を一つにし、安曇野市として一つの花火大会になりました。

規模は大きくはないのですが、身近に感じた企画です。

早めに着いて花火が打ちあがるまで宴会(笑)
それぞれに色々持ち寄ったのですが、私が持って行ったものは

『ゴーヤの酢醤油漬け』
『塩丸いかとキュウリの和え物』
『枝豆』

です。

こだわってみました。

このクソ暑い中に於いては熱を冷ましてくれる旬の野菜や血液活性化のために酢は大切です。
それよりなにより、ツマミに最高なんだってば(^O^)/

ゴーヤは畑で採れました。
酢と醤油、みりん、さとうでタレを作りそれに2日程漬け込みます。

塩丸いかと言うのは、海の無い長野県ならではの食材で、塩でしめたイカを塩抜きして畑で採れたキュウリと揉み合わせます。イカの塩が残っているので調味料は要りません。

枝豆も畑から引っこ抜いて来ました。
面倒なのでなるべく避けたい仕事ですが、今夜の宴会のつまみだぜ!と考えるとつい鼻歌交じりで豆を取っちゃったね!
洗って茹でて塩をまぶして。

陽の落ちかけた頃からの宴会。

急遽オードブルの差し入れも入りラッキーラッキー(*^_^*)

空も次第に暗くなり、食べたい物の場所が分からなくなりヤミ鍋状態(笑)

皆の箸が止まり、話に夢中になる。

1人の若者が携帯のライトで食べ物を照らすと何処からとも無く伸びてくる箸を持った手、手、手。

その若者は、「照らしたライトは決して自分には帰って来ない」事を知る。

「俺それ食べようと・・・」

静かな叫び声はオバサンの笑い声にかき消される。

花火が上がるまでの4時間、ゆっくりとそれは続きました。

4

10_2

31





花火大会の途中、西の空の低い所を、赤い火球がゆっくり渡って行きました。

カメラは向いていたのに、シャッター切れず(>_<)

« 遺産 | トップページ | 言葉の風景 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/7557216

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野に舞う:

« 遺産 | トップページ | 言葉の風景 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae