2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 感想はピンポイント①【箱根の山は険しい】 | トップページ | 昨日の都道府県対抗女子駅伝 »

2008年1月13日 (日)

感想はピンポイント②【箱根6区】

膝が笑う

クスクス笑いならまだしも、この6区は悪魔が声を立てて笑う。

走りだしたら決してスピードを緩めてはならない。
緩めてしまうと悪魔に膝を狙われる。
膝に捕り憑つこうとする悪魔の笑い声を聞く前に、一気に下るしかないこの区間。
今まで何人の兵(つわもの)が挑み餌食になって来た事か。
何とか下りて来たとしても、足の裏の皮を悪魔に捧げなければならぬ事もある。
1週間は臥せってしまう事もある。

さぁ、この悪魔を寄せ付けぬ真の勇者は誰ぞ。

あのタスキを奪われるな!

って何だか中世ヨーロッパ風の寓話みたくなって来ましたが。

登りの5区以上にブレーキが出やすい6区下り。
上りも苦しいけど下りもね。

ま、そういう事です。

大東大が優勝した時、いつだったかな。
往路途中からトップに立ったんだけど、この6区に来て更に加速。
後方でシード争いが行われている走りの中で、グングンと前を追い抜いていったチームがあった。
新記録の期待がかかる程の走りで順位を上げて行くのでテレビも画面はそれを映したまま。
ところが先頭を走る大東大は更にその上を行くペースで走って2位以下を突き放してしまった記憶がある。
で、その前の大会か後だったか忘れてしまったけれどもうひとつ。
1位も快調に下っているのに後ろの選手がどんどんと迫って来る。

これが2年続いてねー、もうね、かなり昔だけど覚えている(覚えているとは言えない?)のよ~!
インパクトが強かった。
この下りを得意とする選手がいるって事もなんかすごくグッと来るものがあるねー。

人には好みがあってもそれを生かす機会は少ない。
たとえ生かされて抜擢されても結果に繋がる事も少ない。

今回は早稲田が好調だったね。

登りの5区、出だしから前に前にと迫ってきた駒野亮太。頑丈そうな体系と面持ちが頼もしかった。

6区では加藤創大

朝の低い気温の中、下りとはいえ一旦登ってから本格的な下りが入る。
下りに入る前に落ち着いてしっかり体が温まってから一気に降りて行けるのが早稲田を始めとする上位のチームは有利。
一旦苦しそうな様子を見せるが終わってみると区間賞。
その後を走るのチームになると兎に角追わないといけないので調整が難しい。

9位からスタートの東洋大学大西一輝はスタート直後から前をグングン追って、8位スタートの東海大皆倉一磨を抜き7位亜細亜三船将司も抜くが、後半失速。
前半抑え目に入った東海大は我慢の走りをしていたのか後半順位を上げて6位に。
大西は順位を落し一旦止まってしまったりタスキを渡す時は喘ぐように泳ぐように必死で中継所まで戻って来た。
昨年の山下りで良い成績を残しながら、今回は焦りが出てしまったのか。。。

学連選抜は4区拓大の久野雅浩の区間2位に続き、5区で上武大福山真魚が3位。6区平成国際大佐藤雄治が2位の走りととっても好調!

大学としては予選会落ちでも、個人の記録ではさすがに各校のエースの集まり!
寄せ集めだからタスキの重みは無いような言い方を聞いたけど、んなこたぁナイ!
チームワークの不安を口にした人もいるけど、意識は大学チームより強く繋がっていると思う。
短期間での盛り上がりってのは結構すごい力が出るもんです。
これは私が勝手に想像しているんですが、幾つものチームを全部ばらしてメンバーを組みなおしてバレーの試合をした事があって、この時の優勝チームはすごかったんだから(笑)


ま、私達と比べてしまっては失礼かもしれないからごめんなさいだけど。
でも、そんな想像をさせてくれるくらい痛快な気分になりました。

今年は何人の山下りの戦士に悪魔は獲り憑いたのか。

しっかり体休めたかな?

またこれからのリベンジに期待しています!

« 感想はピンポイント①【箱根の山は険しい】 | トップページ | 昨日の都道府県対抗女子駅伝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/9869621

この記事へのトラックバック一覧です: 感想はピンポイント②【箱根6区】:

« 感想はピンポイント①【箱根の山は険しい】 | トップページ | 昨日の都道府県対抗女子駅伝 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae