2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 私のニュース | トップページ | 布団の中の宇宙 »

2008年5月25日 (日)

目には青葉の黒部ダム

様々な花粉が飛び散る初夏、某女史の新車に乗り恒例のドライブへと出かけました。

行く先は


     『黒部ダム(通称黒四)』

比較的平らな安曇野から高瀬川沿いの通称オリンピック道路を通り、次第に山の中へ。

途中の若葉が青々として、綺麗!


Photo

家から約1時間で扇沢駅に到着。

いつの間にこんなに近くなったんでしょうか。


タイミング良くトロリーバスの発車時間。

トロリーバスは現在日本で走っているのは、富山から黒部に向かう黒部アルペンルートと、大町市側からダムに向かうルートの2つだけなのだそうです。



車の免許の授業でトロリーバスって載っていたけど、どの免許で乗れるかって事だったっけか?
忘れてしまった。



今回並んでいる人はいたけれど、2台出ただけでゆっくり座れました。
夏に来た時は5台位同時発車でしかもぎゅうぎゅう詰めだったから椅子に座るのって始めてな気がします。


そのバスの乗客の殆どは、顔は似てども聞き取れない言葉の国の方達でした(^^ゞ
ようこそ信州。




古い辛い歴史のある長いトンネル。

この場所は多くの困難のもと、作られたようです。

NHKの「プロジェクトX」でも放送していました。

そしてもう一つ

     『黒部の太陽』

と言う熊井啓監督の映画。


最大の難関、破砕帯を突破するのは本当に大変だったようです。

   関西電力HPへ

そんなトンネルを抜けると、到着。

さあ、数十段の階段を上がってダムに出るか、220段上がって展望台に出るか。

もちろん220段。

150段ほどの所で休める所があるんだけど、まぁ、別に平気じゃないけど、意外に登れる!って感じで。

でも、酸素が欲しくなって来た(笑)

Img_5069

ん〜、高い高い!

Photo_2


本日の水位 158m 

近くの警備員さんに聞いたら、180mまで上がると穴から自然に水がこぼれる様になっているとか。

その位の水量になると、水が5センチほどダムを押すのだそうです。
水圧を考えてアーチ型の両脇に翼を付けた形になっているのだそうです。

水のエメラルドグリーンの色がその深さを物語っているみたい。



Img_5080


25tクレーン
主策 直系100mm
長さ598mのワイヤーの断面

Photo_7

だから何?

って、いや、ワイヤー好きの友人が見てくれていると良いな〜って思って(*^。^*)





ダムを渡った向こうはまだまだ色々な乗り物を乗り継いで室堂って所まで行き、富山方面に下りられるんだけど、今日はダムの散策だけ。


帰りのトロリーバスに乗るために、こんな暗〜い涼しい所を通ります。

Photo_3



バス乗り場での注意書き。

え?

Photo_4


再びバスに乗って扇沢駅まで。




これがトロリーバス。

Photo_5



Img_5092

充電中





さぁ、私達のドライブはここで終わりではありません。

一旦麓に下りてから今度はあっちの山を駆け上ります。


ここは鷹狩山。

そこのレストランでお食事〜〜〜〜!!

・・・って閉店(-"-)


まぁ、景色は良かったよ!


黒四はあっちかな〜?

Photo_6







« 私のニュース | トップページ | 布団の中の宇宙 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/21146991

この記事へのトラックバック一覧です: 目には青葉の黒部ダム:

« 私のニュース | トップページ | 布団の中の宇宙 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae