2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 布団の中の宇宙 | トップページ | あちらを立てればこちらが・・・ »

2008年6月 1日 (日)

アゲハの観察日記

蝶は好きだけど、詳しくはなかった。
芋虫は特に好きと言うわけでもなく嫌いと言う訳でもなく。
触りたいとか触りたくないとか、知りたいとか知りたくないとかの一切の興味も無かったんだけど。

なんでこんなに写真があるのか


息子達が知りたがっている事を私も一緒に図鑑を見ているうちに私が夢中になってしまった感は否めない。

左サイドバーに『アゲハチョウ』のフォトアルバムを載せました。

Epson026



ある日山椒の葉に黄色い卵を発見

Photo_2

それが数日のうちに色が濃い黄色に変り、やがて黒く輝く
中から真っ黒な小さな虫が這い出して
初めての食事
それは自分が守られていた卵の殻

Img_5136

Img_5028

3回の脱皮を繰り返し4齢幼虫になる

そして鳥の糞の擬態から、緑色の終齢幼虫にと変化

食欲は旺盛で次々に葉を食い尽くす

Img_5161

やがて食べるのを止め移動を始める
その途中で体の不純物を全て出し、さなぎになる




さなぎの間は静かな時間

Photo_3
※1

その静かの中では
劇的な変化が起こる

3

全く姿の違う生き物がさなぎから生まれて来る

生まれた証しかの様に、尻尾からピュッと水分を飛ばす

ゆっくりとしかも力強く翅を伸ばす

Photo_4



一連の流れを何度も見ているとそれが当たり前の様に思えるのだが、

時としてとてつもない衝撃を受ける事がある。


それは、羽化すると思っていた蝶・・・

さなぎから出て来たのは蜂であった時。

その時のショックは、今でも脳裏に焼きついている。

自分が生きていくための知恵としてのその蜂に備わった行動だから
決して責めるわけには行かない。

あらためて蝶として生まれる事の難しさを知った時。



今も毎日のように新しい卵や産まれたばかりの幼虫を見つける。

その周りには蟻が居たり蜘蛛が潜んでいたり。


山椒の木が大きいので、少し大きくなった幼虫は木の奥に入ってしまうと
中々見つからない。

だから、元気良く育って蝶になる事を願います。



写真の日付はバラバラです。10年前の写真と今年っていう・・・(^^ゞ
※1)この写真のみカラスアゲハです

« 布団の中の宇宙 | トップページ | あちらを立てればこちらが・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/21343032

この記事へのトラックバック一覧です: アゲハの観察日記:

« 布団の中の宇宙 | トップページ | あちらを立てればこちらが・・・ »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae