2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 雨上がりの花火 | トップページ | チェコからの兆し »

2008年8月17日 (日)

2008鈴鹿8耐の空は高く ②

【7月25日(金) ケアレスミス】

 サーキット入り口到着時間、1時25分。 
 

 1時半から2時の間に到着する予定だったので金曜日午後1時から30分までのピットウォークには間に合わない。残念だけど今年はいつもより長く居られるからね!コインロッカーに荷物を入れる前にあちこち持ち物の移動や確認をした。
 白子駅でのあの息が出来ない状態は一体なんだったのか!?もすっかり忘れてゲートを通り抜け木陰で『今着いたよ』メールを青森さんに送る。青森さんはすっかり青森さんで定着してしまいました(^^ゞゴメンチャ。

 返事を待つ間、腕に日焼け止めをべっとりと塗るけど返事が来ない。べっとりと手に着き過ぎて、この状態でメールが来たら携帯持てない事知っているから返事しないのかな~とか思ったけど、んな訳無いからきっとピットウォークから一番最後に帰って来るからその途中だと思って、手に着いた日焼け止めクリームをウェットティッシュで拭き取って再び歩き出した。
 荷物は少なくなったとは言え、暑いしさっきの息苦しかった件もあるしでゆっくり慎重に呼吸を確かめる様に歩いてグランドスタンド(グラスタ)に向かう。メールの返信を待ちながら。

 グラスタからストレートコースやピットを見下ろして、そこの階段を下りて反対側のピットの上にあるホスピタリティーブース(ホスピ)に向かうけど、結構歩くんだ。だけど、ゲートからグラスタに向かうまでがこれがまた遊園地通り過ぎてだからかなり長いよ~。


 ようやくグラスタに着いてピットを見下ろすと。。。。。



ピットウォークしてる!?



なんで?何故?どうして?



 理由はどうでもとにかく、今してるそのピットウォークにギリギリで雪崩れ込める気がて、呼吸の順番なんてどうでもいいから行かなきゃ!と階段を走り下り、パスを見せて地下道を走る。

 パドックの裏側に回り、ピットウォークの入り口にたどり着き係員に「まだ良いんですか?」と確認。「はい」と返事を貰って、「ウソです」といわれる前に入り込まなきゃね!
 一番あっち側からゆっくりこっちに来ようと早足で歩き出したら、土日のピットウォークにはめったに顔を出さないライダーが居るではありませんか。
 私が昨年撮った写真をA4に引き伸ばして、超が付くくらい大ファンの友人にあげようと持っていたのでその写真にサインを貰いました。いつもなら必ずここで写真も撮るのに、想定外のピットウォークだったのでカメラはバックの一番下。ホスピでゆっくり荷物整理しながら散策しよと思っていたんだよ~(>_<)
 サイン入りの写真、無事手渡せて良かったけどね(^O^)/


 そのライダーとは イギリスのなべあつ こと 渡辺篤さんです。

 ご本人居ないうちに、世界の方が出て来て、日本に戻ったらそんな風にアナウンスされていました。

 イギリスBSBで頑張っているからね!

 世界のなべあつになるには、WSBmotoGPで頑張ってもらわにゃ!

 ラッキーだったピットウォークが終わり出口に向かうと、我が家の黒ねこちゃんの貰い手を捜してくれた友人にバッタリ。ねこちゃんの話も聞けて良かった!大切に育ててもらっているみたいです(*^_^*)
 そしてやっと青森さんと合流~~~!皆様、一年振りでした!

 その後ポスピに行ったり、あっち行ったりこっち行ったり。
 そのうちに今度は頭が痛くなって来た(>_<)痛くて目が開けられないくらい。これは疲れだな~って思ったけれど、暫く休んだだけで激感方面へ足は向いてしまった。

 一年振りの写真はまずこんな感じ。

Img_5532
#17 長谷川克憲



Img_5538
#28 橋本充巧



Img_5543_2
#86 内川正三
8/28コメントにてご指摘いただき名前を訂正いたしました。
申し訳ありませんです



Img_5547
#360 山崎茂



 #86と#360は残念ながら予選落ちしてしまいましたが、山崎さんの走りは是非見たかったので、良かったです。来年も目指して欲しいと思います!



 気がつけば、足の親指が痛い(>_<)。慣れているはずの靴と油断して、つま先下がりの状態で居たのがいけなかった様だ。

 バレーをしているから、足の爪には気を使う。TVでは切り過ぎると巻き爪になると言っていたので、切ることを躊躇していたのも事実。





 振り向けば日も落ち明日の暑さを予感させる、決して広がる事のない雲が淡いピンクに染まっていた。







Img_5560




« 雨上がりの花火 | トップページ | チェコからの兆し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69896/23044879

この記事へのトラックバック一覧です: 2008鈴鹿8耐の空は高く ②:

« 雨上がりの花火 | トップページ | チェコからの兆し »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae