2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月26日 (金)

先に帰って来たのは

いつ帰って来るのやら、と待つこと約50日。
長旅でしたね~。

9月23日の夕方の空は、上空に強い風が吹き渡っているのか
レンズ雲と、うろこ雲が風に流されて行く。


2008923





翌日、我が家に届いたのは

主人の居ない

自転車です。


200809250809000



宅配で鹿児島から届けられました。
随分くたびれているな~。

18日は鹿児島では台風に遭ったし、
20日にはなんか政治家のあのアレ五人衆が鹿児島駅前(?)に終結して何か演説していたとか。
親衛隊見たいなのが黄色い声を出していて、思わず吹いたとか。

21日に鹿児島を立ち山陽新幹線では豪雨でストップしたものの、昨日24日に自転車より一足遅れて本人も東京経由で届きました。いや自足で帰って来ました。

・・・空白の2日間・・・(-"-)
ま、いっか。

積もる話をワクワクドキドキと聞きたいのに、
ご本人は今ひとつdespair

あれほど心配したのに、って。
何か、母ってツマランな~。

20089251

25日の荒れ狂う北の空と


20089252


同じ時間の南の空。




心配して下さった皆様、何とか無事帰って参りました。
ありがとうございましたheart


2008年9月21日 (日)

足したらこうなりました

以前から欲しかった紺色の文字盤の時計。

思い切って買ってみた(^^)


Img_6244



時計は【SWISS MILITARY】

私は左手首に手術痕があり、冷たい金属では辛いものがあります。


付け替えた革ベルトは・・・



Img_6240



MotoGPの中野真矢選手の所属するチーム=SAN CARLO Honda Gresini=のスポンサーになっている【MORELLATO】がその革ベルトの有名メーカーだったんです!



Img_6219


もう嬉しくて嬉しくて(*^_^*)
それでも注文するまでに悩んで、だけど両方買ってしまいました。




Photo




明日からまた仕事が楽しいな!
バレーでタイム計る副審(やれるかわからないケド)楽しいな!(*^^)v




2008年9月17日 (水)

猫の目ぐるぐる

ぐるぐるまわる台風が、これから鹿児島に迫る。
台風より一足早く息子が鹿児島入り。
何でも早いことは良いことだ…
が、大隈半島の先、佐多岬は台風に先を越されそうだ。

彼の予定を聞いてもなかなか返事が来ない。
数日前まではそれで良かったけど、今は違うでしょうよ、ねsign02

最初の説得では…

「19日のフェリー欠航になったから岬に行かずに18日に電車で帰る」

と言う事だったけど

「台風一過は波はあっても青空きれいなんだけどね、残念だね~」
な~んて言ってしまった私annoy

「18日行けたら佐多岬に行く、無理なら台風過ぎてから」

あ、そう( ̄▽ ̄;)

いや、私だったら民宿や旅館でまったり台風をやり過ごしてから岬目指すなぁって頭があったからcoldsweats01

そして今夜。今どこに、明日はどうする?と聞いたら

「○○市で台風過ぎるまで」と。

宿じゃなくてネカフェか~(>_<)
今はネットカフェや道の駅があっていい時代だ。
で、昼間はどうすんの。

「ヒマ」

って。

明日からは暴風域に入るとか。
店から出てどうすんの。雨風で外に出られんでしょうが~。だから今夜から宿に入って欲しかったから送金したのに。
絶対留まることしないでしょアンタは。移動するつもりでしょ。
甘い!考えが甘すぎる!

ぐるぐると変わる予定とぐるぐると目がまわりそうな私。

お願いだからそこ、動かないで(T-T)
なんでわかってくれないかなぁ(ToT)


20080825


ん?何か顔に付いてる?

2008年9月16日 (火)

月を待つ気持ち

Photo


今日は立待月








池田聡 『月の船』

2008年9月14日 (日)

今日のお月様

今夜は中秋の名月。








2008914_7










薄雲が掛かってちょっと幻想的な十五夜です

2008年9月11日 (木)

天空をカンガルーのように散歩

ドライブに行って来ました。

走行距離250km。んまぁ、いつもよりは50km程長かったけれど帰りは高速使ったので時間的にはいつもと全く一緒の8時半スタート、5時半着でした。

好天に恵まれた3日目は約1ヶ月前からの予定にも関わらず、空は私達に微笑みかけてくれました。
真っ青な空の下、三才山(みさやま)トンネル(三才山峠)から上田市丸子を抜け東部湯の丸ICの近くから『浅間サンライン』と言うトラック専用道路(笑)に入り浅間山を左手に見ながら軽井沢へ。
中軽井沢から外国産超高級車の紅葉マークがついた車の後ろをのろのろ走り『鬼押しハイウェイ』と言う260円の有料道路を通り、もくもくと煙を吐く浅間山を見ながら六里ヶ原の道の駅で一休み。

Img_6107

雄大です。

ここで記念撮影していたら年配(?)のご夫婦が「写真を撮って下さい」と。
何か、雰囲気の良い仲の良いステキなご夫婦でしたhappy01

その後鬼押出し園をやり過ごして360円の『日本ロマンチック街道』を快適なスピードで進み次は万座方面に向かいます。

1年以上前から行きたいと言っていた万座峠から上信スカイライン。
とうとうその想いが叶うのです。
『万座ハイウェイ』1020円に入ると今度はベンツの紅葉マークの後ろに。
途中でまた休憩を取り、さっき来た道を振り返ると・・・

Img_6127


 

浅間山はかなり遠くに。煙のたなびきがなんともイイ感じ(o^-^o)
そして、先ほどのご夫婦に再び。
茨城のつくばからいらしたそうです。

嬬恋牧場なのかなsign02ちょっと分からないけれど、朝の連続テレビ小説の「ファイト」のロケ地だったそうです。



Img_6128

lyraちゃんが「思い出せない」と言ったので私は「馬の」と答えました。
最近、私だけじゃなくlyraちゃんだけでもなくやたらに「思い出せない」現象が私の周りで流行していて、これのウィルスってば絶対体の中に残るのね。
私も「馬の。ホラ、馬が出て来たやつだよ」と言うのが精一杯だったけど、むしろ優秀な方じゃなかろうか。

あざみにとまった花アブがビロードの毛並みの様。一生懸命蜜を蓄えていました。

Img_6133


万座ハイウェイがいっきに下りに入ると、いきなり硫黄の匂いが鼻を突く。
慣れないと大変。
お腹も空いたし、万座峠に入る道は確認したので、取り合えず白根山を目指します。

Img_6137

ここをちょっと登って、火口の湯釜を目指します。
なにやら危険地帯もあるそうな。


Img_6139

そして登って見下ろした湯釜とはsign03



Img_6142

何と言う色sign03
綺麗って言うか、美しいって言うか、逆に自然の恐ろしさと言うか・・・

標高2161mの所にある直系300m深さ30mの火口湖。
酸性度PH1で世界一酸性度の高い湖だそうです。

ちょっと遅いお昼を展望レストランで頂き、さぁいよいよ万座峠へ!あのスカイラインへ!

・・・ってここでlyraちゃんもしかして不安になったんちゃう?

地図の道の色と細さと×印の多さを見て。

万座温泉に降りるのを止めて渋峠を目指し南志賀へ行く事になりました(笑)

どちらも須坂市に下りるからだったら色が緑色の道で温泉街の方が賑やかで良いとの判断だったんだな?え?gawk

それでも白根山の裏側を通る事になり、またこの道が快適な天空ライン(勝手に呼んでます)でした。
渋峠までの道程はまるで車関係のCMに使えそうなイイ感じなので、助手席のlyraちゃんに写真を撮って~と命令。
そして、駐車場があったから停めようとしたんだけど、事故ったバイクがレッカーされててwobbly気を取られているうちに過ぎちゃった。

だけど、実際の峠の一番はここじゃ無かった!

洞門を越えた所では今度は長野県の風景がhappy02


Img_6158

あっちに見えるのは北アルプスsign03
さすが、何処からでも見えるんだ~happy01
しかも、穂高の温泉郷が光ってる。

今、googleのストリートビューが話題なんだけど、山の上からのパノラマビュー作って欲しいよ。
山の名前入りで。
方向とか結構ちんぷんかんぷんなんです。

目をもっと左にやると、やっぱり見える浅間山。

Img_6154

ここで、壮年のライダーに話しかけたlyraちゃん。
どこから来ているかと言う話になったら
「僕の友達が安曇野で自営業しているんです。○○さんと言いますが」

って。

詳しく聞いたら近所でした(笑)
こんな事もあるんですね~。




この日は幾つもの峠をカンガルーのようにぴょんぴょんと跳ねて制覇しました。

これからは長野市に向かって降りて行くだけ。

と、南志賀を降りて行って左折したはいいけど、私達の行くところどこ~?ってな感じで道が見つからない。
絶対違う!って目をそ向けていた道以外、見当たらない。

ええええ~~~~~Σ(゚□゚(゚□゚*) ここ~~~sign02

なんてこったい。ホテル専用の道より狭い、ってか裏の畑に行くような道じゃないか┐(´-`)┌
すれ違いは出来ないどころか、熊笹が覆ってカーブでは対向車が見えない。いや、10km行っても対向車はライダー1人だけだったけど。
普通のカーブでもミラーが無いから先が分からないんだよね。
やっと開けたと思ったら牧場で、「牛の放牧中、牛に注意」ってsweat01

道に幾つも落ちていました。糞が。

松川渓谷を更に降りて行ってやっと高山村、そして最終目的地の須坂動物園に到着。

ここはlyraちゃんの強い希望で仕事中に何度もメールで確認した所。

「ハッチに会いたい、会って癒されたい」

そう、峠をぴょんぴょん跳ねてきた旅の最後は本物の赤カンガルーを見る事でした。

Img_6178

これはハッチの奥さんのクララと赤ちゃん。

そして、

Img_6162

お惚け顔のハッチです。

さて、この日も無事にドライブ終わりました。


lyraちゃん、やっぱり私、万座峠と上信スカイライン行きたいんだが・・・(^-^;


 


 


 


2008年9月10日 (水)

9月9日の月と木星と金星

9月7日の激しい雷雨thunderの次の日から、季節は秋になり空が晴れ渡っていた。


久々に姿を現してくれた月moon2と星shine



9月9日の月と木星

Photo_3


 


月の様子

2008_09_09_3


 


沈む金星

Photo_2



こんな澄み渡った空の季節になると私は友人とドライブに出かけるのです。


250kmのドライブ。
写真は後日confident



そして、9月14日は中秋の名月。
9月15日が満月です。

台風の心配がありますが、なんとか反れてくれます様に……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ




2008年9月 8日 (月)

月が、沈んだ

北海道の宗谷岬から始まった彼の旅は、室蘭を通り青森から日本海側を通る。
数年に1回最も近づく火星の様に、私の住む安曇野に最接近した彼は、自分で作った軌道を逸脱する事無くいとも簡単に新潟の糸魚川を通り過ぎ、難所として知られる『親不知子不知』を恐る恐る抜け、そして去って行く。
その時までに20日は要している。

体の疲れも心配していた頃

「歯が痛い」

とメール。
案の定、

それは疲れだと思うよ。歯医者さんに行ってちゃんと診てもらわないと大変だよ、

と伝えると、珍しく言う事を聞いて歯医者に行ったようだ。

「親しらず抜いた」

こんな時に、お、親不知~?
よりによって親不知子不知通ったばかりwobbly
それはやっぱり親不孝してないかいsign02think

そして、北陸から滋賀県を通り京都、大阪、和歌山と来て四国に渡り今は岡山辺りだろうか。


先日返事が滞りがちな息子にメールをした。

「そこら中で大雨の被害があって、天気予報見るとその辺りに大雨警報が出ているんだよ。返事ちょうだい。お母さんは心配です」

って。

そして来た返事が

「全然降ってないよ、


 つきが沈んだ」




915

彼は、こんな月を見たのだろうか。


今の空の様子を語って、雨じゃ無いんだよ、って言うこの一言が私には

彼の独りぼっちの寂しさを表しているように思えて、

早く帰って来て欲しいと思わずには居られなくなってしまった。

私の気持ちを察してかその後、メールを送ると割りと返事が来るようになる。
「今何処?」

「香川の道の駅」

わ、わからんcoldsweats01
「もっと詳しく」

すると

「ココ」

と、地図のURLを添付。
開いてみたら範囲が360mで、さっぱりワカランgawk
そうか、詳しくって言うと確かになぁ。

まぁ、私が範囲を拡大して見れば良い訳ですが。

取り合えず、今月半ば過ぎには帰って来る予定です。

2008年9月 4日 (木)

2008鈴鹿8耐の空は高く ④

ガラスを突き破るファンの眼差し

 

 前回書いたものと話が前後してしまうけれど、
 土曜日の朝のホスピタルブースはだんだん賑やかになって来て、YAMAHAでのサイン会の抽選が終わって、気がつくと4耐始まってるしcoldsweats02。急いでA席の日陰に行き応援するライダーさんを青森さんことsakuraさんと探した。
 前日の夜の話では走れるか分からないとの事だったけれど、いたいたhappy02良かった~!

 途中で京都はんことバレンティさんがサイン会に向かうのでそこに同行。

P7260085

#39チーム茶レンジャー 藤原儀彦

 青森さん、京都はんと別れて「今日は歩かない」と決めていた私は殆どをホスピで過ごす事になったのだけれど、実はそのホスピには私より重症患者がいらっしゃいましたimpact
 鈴鹿に向かう直前に熱を出してしまって・・・。
 体調万全ってのはなかなか難しいものですね。だっておっきな大会を目前に完璧な管理の元で生活しているはずのトップアスリートでさえ万全ではないのだからいち庶民ではこう言う事もあるでしょう。ましてやいつ暴れるか分からない爆弾を抱えていれば尚のこと。よる年には勝てぬものよのうσ(^▽^;)。
 ホスピに居た時はその熱を出してしまった方のお陰で寂しい思いはしなかったし、荷物の管理までしてもらった形になったので、そのテーブルでは最高級な年齢の私が彼女を介抱をするのではなく介護をされた形になっておりました。足は痛いわ頭は痛いわ・・と、なんとみっともない姿だった事でしょうdownお世話になりました~!

 4耐では応援していたライダーさん達が無事完走をした後、今度はピットウォークが。そう、「ウォーク」ですから歩きますですよfootはい。
 ことごとく私に挑戦でもしている様なイベントだらけ。挑戦されるとつい受けて立とうと思ってしまうので、ここでも「行くか行かないか」と迷った挙句結局行く事に。

 金曜日のピットウォークは本当にラッキーだったのでターゲットを絞る間も無く、かと行って土曜日は足が痛いからピットウォークの人ごみを上から見物しているつもりにもなっていたので、まぁひと通り歩いて戻って来ようかなと思った。で、下から上に向かって歩いて、上から下りて来たけど、こんなに時間が長く感じられたピットウォークは初めて。余程気分が重症だったんだろうshock

 ところが、以前教育テレビの「きらっといきる」に出演されたライダーの高杉奈緒子さんがまぐろを抱えて椅子に座っているではないですかscissors

 その名は #888 石垣島マグロレーシング・海人

Img_5587

高杉奈緒子
http://naorog.cocolog-nifty.com/blog/

 高杉奈緒子選手の事を「奈緒子ちゃん」と呼んで、私にレースや選手の事を教えてくれている知人の名前を出すと喜んでくれました。それからサインと握手もして頂きました。残念ながら予選落ちしてしまいましたが、ピットウォークに出ていた事がとても嬉しかったです。来年こそは決勝ですね!

 その後引き上げようとしたら亀谷長純選手の姿が見え、その隣にはレオン・ハスラム選手も居て慌ててサインをもらいに行きました。姿を見かけたらすぐに行かないと選手は雲隠れしてしまうのです。見たら駆け足。これ鉄則です。
足の痛さは二の次です。

Img_5590

#10 Team 桜井ホンダ 10 亀谷長純

おお、その後ろにはハスラム選手の写真が!



って、、、、、全く同じオカオしていました。
本物や~んnote

Img_5589

#10 レオン・ハスラム(BSB


P7260094

#11DREAM Honda Racing Team 11
カルロス・チェカ(SBK)

いっそうたくましくなったネ、キヨちゃん。

P7260096

#11DREAM Honda Racing Team 11
清成龍一(SBK)

http://www.honda.co.jp/SBK/

 



 ピットウォークが終わってホスピに戻ると今度は冷たいものが食べたくなって、赤福氷へと移動。これも鈴鹿では譲れない行事と言って良いでしょう。この止めどなく無く流れ出る汗を抑えるには冷たいものは必須です。ですが、食べ物です。しかも溶けます。この尋常でない暑さの中、写真撮る者はありませんでしたdash

 今度こそホスピに落ち着いて移動はしないで置こうと思ったら。
 あら~sweat01なんてことsign02次はTOP10トライアルじゃない~。予選で10位までに入ったチームのライダーが1人ずつ走ってタイムを競うんです。でもでも、そろそろ足を真剣に何とかしないとって悩んでいたのですが、二人が席を立ち「じゃ行って来ます」と。で「若いな~」って事になったら「んじゃ私も行く!」ってついcoldsweats01

 そして二人の後に着いてTOP10トライアルが行われる方に向かってパドックをぐるっと歩いて行くと右から来た車に前の二人の足がピタッと止る。ん?どうしたの?誰?車のフロントガラスは光が反射して中が良く見えない。自慢じゃないけれど私は目が良いです。1.5です。数年前は2.0あったりしました。今なんか華麗(sign01)に遠視が入ってきはじめて、更に見える距離がパワーアップしているんだよね。でも小さい時からちょっと光に弱い。まぶしい時は目を開けていられない。だからって、私にも車の助手席のシルエットくらいは分かる。それが人物に結びつかないだけ。

Img_5591

 

 一緒にいた二人は完璧にターゲットを捕らえおもむろにカメラに手を。

 こ、この鋭い眼力(がんりき)を持った二人はいったい何者!?

 そして「かっちゃん・・・」とつぶやく。


 あの車にに乗った人物はそれに気がついたのか、いや聞こえる訳ないし。それとも偶然なのか、車から降りたっsign03

Img_5592


そしてそしてこっちに向かって、向かって、む、む、むむむ、、、、


Img_5593







・・・と言いつつ私は二人に続きカメラでちゃんとシルエットを捉えておりました。

超克ちゃんファンの二人のお陰でエエ思いさせてもらいやしたheart02
ありがとうございました~shine

いつぞや紹介した写真です。
肩に圧し掛かってきた重みは一生忘れませんheart04

8

藤原克昭さん
http://katsuakifujiwara.com/jp/

 「これ、どう?昨日行ってきたんだよ」

 って頭に手をやってほらほらって。

 1人の方は顔見知りなので、こんな会話が出来るんです。羨ましい~。
 イタリアからこの鈴鹿8耐のため(解説)に帰って来て、また行ってしまうのだそうです。

 

SBKのWSSクラスで頑張っています。

 ファンて、さすがですね~happy02

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae