2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

風景

2014年11月 2日 (日)

やっぱり空、宇、宙がスキ

ご無沙汰しておりました。

2014年10月12日の空の紹介です。

その日は友達の運転だったので私は賢い犬の様に一生懸命車の窓からお外を眺めていた所、幻日が見えました。
「ぎゃー、車止めて~」と叫んで二人で写真を撮りまくり、友達が一旦車に入ったところで上を見上げたら!!!!

「天頂アーク天頂あーく!!!てん!」
「え?なに?天ちょ?」
「うにゃ、天頂アーク、アーク、アーク」
さっきまで居たカフェのマスターに電話したんだけど、超忙しい時で(>_<)申し訳ないですそんな時に電話して(;´・ω・)と言う事で幻日は見れた様です。

その後少し山の中をドライブし車を降りては二人で写真を撮っていました。

3201410122_3




太陽の水平22度の位置に幻日、幻日から伸びた幻日環(木で良く見えず)、周りにはぐるっと暈、暈の上に反対に反っているタンジェントアーク、その強い光の部分の少し上にパリ―アーク(だよね?)、太陽から46度の高さにあるラテラルアーク。そこを接点に逆に輝く環天頂アーク。

一気に大好きな虹がたくさん見れて
空からちょっと励まされた気持ちになりました(*^^*)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

続きを読む "やっぱり空、宇、宙がスキ" »

2011年12月25日 (日)

真っ白

20111225

メリークリスマス(*^_^*)


続きを読む "真っ白" »

2010年3月31日 (水)

BlueMoon~昨日の月~

月の昇る時間と、場所を探して田んぼの土手をあちこち渡り歩く私は何者。。。

昨日は

ブルームーン

でした。

一月のうちに満月が2回あり、その2回目の満月をそう呼びます。

『2018年1月31日の「ブルームーン」に皆既月食があり、晴れていれば日本全国で見ることができます』

説明の中にこう書かれています。
忘れないようにメモメモしなくっちゃ!




Img_8072

日が沈んだ後の月の出る方角


Img_8083

まだ出そうに無いので、反対側の空を眺めると、そこには金星が


Img_8084

南に向かって行く飛行機を目で追うと、今では少し傾き、空の明るさに馴染んでしまった、あの真冬に冴え渡るシリウスが輝いていた


Img_8091

狙いを定めていた場所も、電線がありちょっと残念
だけど、夏に賑わう美ヶ原が月の灯りでシルエットが映しだされる


Bluemoon1

シャッター速度を速くしつつ、月の正体を捉えようと待ち構える



Bluemoon4

もう少し北に移動すれば良かったかな。



Bluemoon8

まん丸のオレンジ色

 

Bluemoon11_2

高度が上がると色の屈折は無くなり、青色へと変化を遂げる

Ori

だいぶ西に傾いたオリオンの最後の写真になるかも、とオリオン星雲を撮ってみる
何で真冬に撮って置かなかったのかと後悔


Photo

シャッター速度を15秒程にして西の山を撮ってみる


Bluemoon14

再び月へ

いつもなら春霞がかかりそうな頃だけど、季節はずれの寒気が霞みを追いやり
澄んだ空気を通して宇宙を見る事ができました。

2010年2月 2日 (火)

広島旅行その2

◆呉から宮島へ

呉のビジネスホテルを出て駅のコインロッカーに荷物を預けタクシーを拾い、昨夜急遽決まった【アレイからすこじま】へ。

海上自衛隊第一潜水隊群司令部前にある公園ですが、間近に見える潜水艦や、でっかい船にただただ圧倒。

Photo

映画でしか見たことが無い潜水艦が浮いてる!

公園で10分ほど待って頂いたタクシーの運転手さんは「自分は見慣れている風景」と言っていたけど、慣れていない私たちは感嘆の声を挙げるばかりなんですね、ホント。

Photo_2




次に向かわねばと、アレイからすこじまを後にして次は【てつのくじら館】へ。

まだ開館時間になってないのに、なんとも言えないいわゆるお父様世代のボランティアさんが「入れますよ」と。

無料で、開館時間が合って無いようなここは、元潜水艦乗組員がボランティアで解説してくださいました。

魚雷や海底爆弾を探索し片付ける「掃海艇」の史料などがありました。

そして入り口にデーンと添え付けてある本物の潜水艦に乗り込みます。

通り道が狭く世間から隔離されたような空間。



P1230061




その先には、
現役さん?と思えるような方の解説が。
説明だけじゃなく気さくに
「潜望鏡を覗いている写真撮ってあげますよ」と、言われるがままに^^;


1


尚、この顔はフィクションです。
実際の顔とは異なります。

私は「1時の方向に怪しい看板が!」とつい(笑)
『不審船を見つけたらすぐに連絡』とありました。


Photo_3

潜望鏡ですが、かなり長いモンですなぁ。

それにしては、スクリューが安っぽいとは言わなくてもそれに似通った言葉をお伝えした所、やはりそこは最新の技術が蓄積されており、見せられないので偽物を付けているとの事。

てつのくじら館とは愛称で、正式名称は「海上自衛隊呉史料館」だそうです。

自衛隊って言うと、私が未成年だった頃、親戚が南極観測船の乗組員で、南極の氷をお土産にもらい、その圧縮された太古の昔の空気をいつかウィスキーで味わうのが夢だったのに、私が二十歳になった時に母に聞いたら「だって邪魔だったんだもん」と言って裏庭に捨てしまっていた事を思い出したよ。
その時から私の年齢はそこでストップしたね(違)


その後行ったのは【大和ミュージアム】

戦争の歴史が刻まれた本物の零戦や人間魚雷の回天もありました。

昨年、NHKで人間魚雷「回天」の事を放送していたなぁ。
相手にダメージを与える為に突っ込んで行ったんだけどね。
回天の乗組員の活躍を当時アピールしていたようだけど、実際は到達出来なかったり、不発だったり、捕虜になったりで…。

そうそう、カミカゼ特攻隊も半分位は故障とかで戻って来て、一ヶ所に集められていたらしいし。
表に出るのは恥で「自分は何故生きている」とか上から毎日言われ続け自問していたとか。
親に生きていますて言えなかったなんて(T_T)

これは余談ですが。。


P1230075



そんな歴史の一部が呉の港から向かっていたんだなぁと、しみじみ感じました。今思い出したけど風船爆弾て、この辺りじゃなかった?

ミュージアムの呼び物、戦艦大和は本物の1/10のスケールらしい。
結構賑わっていました。


101




この後広島駅で親戚の叔父叔母が来て荷物を預かってくれたので、身軽になった私たちは宮島へ向かう電車に乗りました。
往復乗車券は「広島市内まで」だから、JRで向かい精算。
フェリー乗り場のロータリーは次の日行われる駅伝でも走る所。

その側にある宮島口のお店でお好み焼きを食べ、フェリーに乗って宮島へ。


2



Photo_4





夕方に平和記念公園に迎えに来てくれると言うので帰りは原爆ドーム目指して路面電車。
最初はJRと平行して線路走っていたけれど、広島市街地になれば車と一緒だし、これには乗らなくっちゃね(^^)v


Photo_5


Photo_6




公園内を散歩していると、お揃いのジャージ姿の一団が(^O^)

あれ?埼玉県?し、設楽兄弟居なかった?今、ホラ、違う?
群馬県だって!!は、花田さんどこどこ?
山梨~~!
え?え?栃木県?
ぐ、郡司貴大くんはどこ?顧問さんは・・・いらっしゃったのかな・・・?
神奈川~~~?

長野はどこ?長野は~~????
と待ち合わせ場所をちょっと移動して橋まで行ったら黄色い千葉県の選手ご一行様。

再び戻って来た所で、宇賀地選手と矢沢選手。


写真の一枚も撮らずにお口あんぐり状態で過ぎた数分間。
嘘みたい~!と言いながら迎えに来てくれた従兄弟の車に乗り、二日目の旅は次の日の盛り上がりを予感させる出来事で終わりました。



2010年1月31日 (日)

広島旅行

◆瀬戸内

朝、西の方角へと出発。
特急しなの⇒新幹線のぞみで福山まで。そこから在来線で尾道へ行き、ランチ。
雑誌で調べて、うん、今日は営業日っhappy02って事で、海の幸をいただこうとお店へGOdash

「本日休業」

(^^ゞ

ここで食べる為に新幹線での駅弁を諦めたのに~despair午後1時半を過ぎ、お腹空きすぎ~sad

どうしようと歩いていたら何となく引っ張り込まれる様に入ったお店でランチを頂きました。

Photo


デザートはコーヒー、コーヒーゼリー、あずきゼリーの中から

Photo_2

あずきゼリーのサービスが付いた、コーヒーゼリーを頂きました。



お店を出て、沿岸を歩く。すると自転車に乗った少年がタイヤを滑らし、あわや転倒寸前。
「大丈夫~?」
「あ、はい」
なんとsign01最高のお出迎えの挨拶よ、それって。ありがとう~heart02
多分あなたの親の世代だと思うんだけど~、私たちに見とれてしまったのね。うんうんわかるわかるnote

憧れの瀬戸内海を堪能しようと石の階段を上ったり降りたりしながら上空に張られているロープウェイの根元を目指してお散歩。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

尾道の坂はとても狭く長い階段は本当絵になるんだけれど、普通の生活をされている一般家庭なんですよね(^^ゞ
観光客が多く大変だなぁ。

Photo_6

階段から後ろを振り返ると、細い隙間に島を携えた海が見える。


そしてこの景色をもっともっと上から独り占めしてしまおうと、ロープウェイへ向かう。



「点検のため休業」

再開は23日からって、今日は22日。オイオイ(-_-;)

しょうがないなぁ、もう。
って事で、次に向かうは三原駅。

そこからは夕日を追いながら『瀬戸内マリンビュー』に揺られて呉まで。

Photo_7

これに乗るために、もう、色々あったんだから~crying
「行きと帰りの路線が違うから『松本⇔広島の往復乗車券』では呉には行けません」って。
広島から呉の往復を買って下さい、って。
言われるままに買って、だけどおかしいなぁって調べたら問題ない、とsign03
で、また駅まで行ってお金を返してもらいました。

Photo_9

もちろん、何の問題も無く行けましたからpunch

また別の駅ではマリンビューの座席指定券も買ったけれど、駅員さんでは特殊列車はわからないのか説明が必要でした。
私は事前に三原駅に問い合わせたので間違い無いのですが、「その指定ですとご希望の席に座ることが出来ないのですが・・・」と戸惑っていました。

どうやら電車を使った旅は、窓口に直接行っては行けません。
その前に数箇所に問い合わせて調べないと行けない様です。

そんなバカな・・ですがdown

海に沈む夕日は見られなかったけれど、厚い雲の間から差す光が海面を照らして綺麗!

Photo_10


Photo_11


車内はマリンビューと言う名前の通り、レトロでマリンって感じship

Photo_12



海に憧れ、海に浮かぶ島に憧れ、着いた所は呉の海。
そこの屋台に呼ばれて食べたラーメンとlyraちゃんは1本のビールと、私は一杯の芋焼酎。

そして静かに1日目が終わったのです。

2009年12月 8日 (火)

星の奇跡

先日の日曜日は朝から試合。

春から始まったリーグ戦は秋に終わり、
今回は幾つものチームをバラバラにして違うチームを作り、楽しむ交流会。
「チーム決めるから年齢順に並んで~」
って、オイオイオイ(^^ゞ

んとまぁ、ある年齢以上の交流会なので、みんな似た様なものだけど、
今年初めて『ウェルかめ』の方も居て非常に躊躇っておられました。

そしてノンストップ3試合。

お昼過ぎにゲームは終わり、
その足でイルミネーションが綺麗で温泉施設のある慰労会場に向かったり、一旦家に戻ったり。
私は家に帰り、お風呂に入って夕飯の支度をして出かけました。
次の日は仕事なので、飲まないつもりで。

慰労会は3000円の飲み放題note
しかも最初は生ビールbeerで乾杯。
ビンビールじゃないじゃんwobbly
ウーロン茶ってこんなに不味かったかしらbearing
えっ?焼酎も?bearing
ぐあぁぁぁ~っannoy
「・・・代行にするhappy02
って事で隅にあるテーブルにmy焼酎を作りに行こうとしたら途中で呼び止められ、こっちこっち!と手招き。
なんと秋田の芋焼酎がそこに隠されているでは無いですか!
泡盛の『美しき古里』まで、誰が持って来たのさ(笑)
そこでこっそり芋焼酎を頂きっ!
「あれ、飲んでる?」「飲まないって言っていたじゃん」
「最初から飲まなきゃ~!」

お料理は特殊な素材を使った訳ではなのですが、お腹一杯になる位の量で満足。

帰り、途中下車する山猿なお兄様2人をSX4の後ろに乗せ私は自分の車の助手席に。

賑やかな山猿兄さん達が降りた後、代行の運転手が運転しながら
「何ていう車ですか?カッコイイですね!」「この車いいですね!」とか、降りたら
「後ろ姿もカッコイイ!」とか。
なんか、嬉しい言葉を連発(*^_^*)
代行代、倍払っちゃおっかな~、って位に誉められました。

え?そんな倍なんて払いませんて~。

駐車場から家に向かうほんの数十メートルの冷たい空気の中。
空を見上げたら真上に天の川。
たくさんの星々が空を埋め尽くしていました。

ステキに飾られたイルミネーションも好きだけど、何か物足りないんだ。

私は、見上げた空に浮かぶ星の瞬きが好きだなぁ。

大貫妙子 ~星の奇跡~

http://www.youtube.com/watch?v=tog5oPvEWLk

2009年10月22日 (木)

小波にのまれて

月を見ると、その月と周りの雲は自分を映しているんじゃないかって、時々思う。

昨日はも少し細い月で今日よりも周りが明るかったけれど、秋の雲に姿を出したり隠れたり。

昨日はとても疲れていた。
だけど、それは私の事情。

そんな時に限って色々な事が起こる。
私の人生は疲れるように疲れるように出来ているのでは無いかと思うくらい。

でもこんな時はやっぱり休まなきゃ。
取り合えず、寝なきゃ。

そんな昨日のお月様。
今日はまだすっきりした三日月かな、って思ったけれど、

暗くなるに連れて、見えなかった雲が姿を現した。


2009_10_22


水面にゆらゆらと、小波(さざなみ)の中で遊ばれているような月だった。





2009年9月 7日 (月)

千畳敷カール

恒例のお出かけに、今年は駒ヶ岳ロープウェイに乗って千畳敷カールへ行って来ました。

シャトルバスに乗り約40分、しらび平駅に到着。

そこから秒速7mの高速ロープウェイに乗って7分ほどで千畳敷カールに到着。
秒速7mと言ってもピンと来ないんですが、すれ違う時の速さと来たら
「ビュゥッ」って感じ。
「ゥ」がポイント。
「ビュッ」じゃなくて「ビュゥッ」ね。

■型式   複線交走式
  支   索=ロックドコイルφ52mm×1
  曳   索=フィラー型φ26mm×2
  平衡索=フィラー型φ22mm×2
■高低差  950m(日本最高)
■標高  起点 しらび平1,661.5m 
              終点 千畳敷2,611.5m(日本最高)

P9070165



千畳敷カールに着くと、そこは雲の上。
日差しは強いものの、とても爽やかな風です。

見渡せば、目の前に宝剣岳

Photo_2

 




東南東を見ればグラデーションが綺麗な南アルプスの向こうに富士山。

Photo

 

 



うん、山の上は朝に限ります。

お昼近くになるとガスが湧いて来て、景色が見れなくなる事も。
一日中綺麗に見える時ももちろんあるけれど、
今回は朝で正解scissors

P9070164

 

こんな感じで湧いて来て、宝剣岳の頂上に迫って来た。
ホラ、頂上で「たすけて~」って、


Photo_3

言っていませんね、はいhappy02


可愛い花も、まだ咲いていて良かった。



Img_7582_2

ミヤマトリカブトとか



Img_7598_2

クルマユリとか、



Img_7594_2

とかとか。


これから本格的な秋になると
観光客だらけになるのでしょうね。

紅葉もとてもステキみたい。
もちろん行きたいけれど、人ごみの中はどうも、ね。
近くの秋を探しますscissors




そうそう、ロープウェイで気軽に上まで行けるのですが、
服装には気をつけて下さいね。
秋はとても寒くなります。
そして石ごろごろの所を登ったり下ったり。
必ず滑らない靴にして下さいね。

帽子も被らず、長いスカートで素足でサンダルの方が居ましたが、ngですよ~sweat01

行かれる方は気をつけて、そして楽しんで来て下さいねsign03










2009年8月18日 (火)

遠花火

遠くから眺める花火もまたステキ

お裾分けしていただいた花火を紹介します。


【8月9日 三郷花火】
前日の雨で一日順延。
花火大会はどこも財政が苦しい中、何とか集まった寄付金で行う事が出来たそうです。
小規模であっても1つ1つ上がる花火を作る花火師の気持ちはきっと変らない。
そして実行した方達のご苦労が、夜空を華やかに飾っていました。

Photo_2




Photo_5



【8月14日 安曇野花火】
昨年までは真下から見ていたけれど
今年はアングルを変えて、堤防の傍。

夕暮れを待つ人々の姿がだんだん多くなって来ました。
山の稜線が美しい。

Img_7295



Photo_6

今は色々な花火があるんだね。
ドラえもん、星、ハート、ネコ?
1つ1つ打ち上げられていたけれど、1枚にまとめてみました。


Img_7370

浴衣の柄にしたいような模様。


Img_7380

矢車草みたい。


Img_74142

カラフル!



あの下では音楽に乗って低い花火が打ち上げられていることでしょう。


Img_74376



Img_74408

しだいに高く、大きく打ちあがる。

そしてフィナーレ

Img_75221_2



Img_75264



Img_75359


Img_7539






2009年6月21日 (日)

梅雨の楽しみ方

夕飯の支度をしている時に、窓がホンノリピンク色。

先日、朝から降っていた雨が止んだ夕方、空を染めた夕映え。


Photo

6月16日


昨日、出かけた時に見つけた景色は、麦秋。

Photo_4

ずーっと向こうまで続いているようだね。


家に戻ったら
「ホウネンエビ、捕まえに行って良いですか?」
と先日連絡があったのを思い出し
「どうぞ」
と言ったままちゃんと居るか不安になり覗いたら


Photo_2

ヤゴもいた。

そしてホウネンエビは、窪みに集まっていた小さいミジンコを一生懸命食べている。

Photo_3

雲のようにもやもやっとしているのが、小さい虫の集まり。

たくさんのオタマジャクシとホウネンエビ。

雨上りは水も澄んでいて良く見える。



そして今日、21日。

朝から物凄い勢いで降ってきた雨もお昼前にはあがり、竜が姿を現した。

P6210151

まるで竜のお腹。


太陽がまぶしく、赤い実を照らし出していたので、梅酒と一緒に作ってみた。

Photo_6

赤スグリのお酒。

そして、今日の夜は

Photo_7

2年前に作った梅酢。

お水で薄めて、氷を入れて。

うっとおしい梅雨でも、

こんな感じで楽しんでいますhappy01


より以前の記事一覧

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae