2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ありがとう

最近のトラックバック

YAMAHA Racing Game

動物・植物

2010年6月 1日 (火)

水の中の妖精 ~ホウネンエビ~

毎年姿を現してくれる

「ホウネンエビ」


今年も期待して見に行ってみました。

いたいたsign03


足跡の窪みにかたまって泳いでいます。

3



体が透き通って見えにくい事もあるけれど、今回は足が緑の藻と同じ色です。

頭の部分に見える目は、体から分離しているみたい。



4


本当に見えてるのcoldsweats01sign02

 


日曜日には思い切って水槽に入れてみました。

息子たちの使わなくなって放って置いた水槽を洗い、綺麗にして

今はその中に居ます。

4_3


背面泳ぎのスペシャリストhappy01

沢山の足を忙しなく動かし、体はゆっくりゆらゆらと。



Photo



ん~、幻想的*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*ステキ


小さい1匹が急に体をピクンピクンとさせたかと思うと、

透明な膜を尾に絡ませ、尾を振り、膜を剥がしました。

脱皮ですhappy02

他に、お腹に卵を抱えたのも居ます。


生れて来る幼生、見られるかな~。





2009年10月25日 (日)

小さな天使

この写真は夏に撮ったものです。



Img_7566

柿の木が花壇の中から元気良く生えて来てしまったので、息子にノコギリで切らせたのですが、この葉っぱの裏を見てビックリ!
白い綿の様なものが幾つか、よたよたと左右に振られながら葉脈に沿って移動して行きます。

本当に真っ白です。


P8220146


綿が葉っぱにくっ付いている様なものもありますが、、、、、、、

エイリアンの抜け殻までcoldsweats01

コオロギの幼生の抜け殻ですね~sweat01
あの真っ黒なコオロギも、幼生は綺麗な黄色に近い黄緑色をしているんですよ。
ここですdash

よーく見ると、足があります。

背中に重い荷物を背負ってフラフラ歩いていて可愛いhappy01

P8220151


昨日、落ち葉を掃いていたら雪虫が舞って行った。

もう、こんな季節なんだ。


雪虫はこの真っ白ちゃんが成長して、体は黒くなって翅が生えて来て飛び立ちます。
もちろん綿は着けたままだけど、飛んでいる時は体が良く見えず白い綿だけが目立ちます。
小さいのに目だって良いのかな。

こんなアブラムシも居るんですね!

2009年9月26日 (土)

日常に棲む危険な生物

プルーン、ブドウ・・・


その趣味の収穫に、常にある生き物との争奪戦が行われる我が家。 










続きを読む "日常に棲む危険な生物" »

2008年6月 1日 (日)

アゲハの観察日記

蝶は好きだけど、詳しくはなかった。
芋虫は特に好きと言うわけでもなく嫌いと言う訳でもなく。
触りたいとか触りたくないとか、知りたいとか知りたくないとかの一切の興味も無かったんだけど。

なんでこんなに写真があるのか


息子達が知りたがっている事を私も一緒に図鑑を見ているうちに私が夢中になってしまった感は否めない。

左サイドバーに『アゲハチョウ』のフォトアルバムを載せました。

Epson026



ある日山椒の葉に黄色い卵を発見

Photo_2

それが数日のうちに色が濃い黄色に変り、やがて黒く輝く
中から真っ黒な小さな虫が這い出して
初めての食事
それは自分が守られていた卵の殻

Img_5136

Img_5028

3回の脱皮を繰り返し4齢幼虫になる

そして鳥の糞の擬態から、緑色の終齢幼虫にと変化

食欲は旺盛で次々に葉を食い尽くす

Img_5161

やがて食べるのを止め移動を始める
その途中で体の不純物を全て出し、さなぎになる




さなぎの間は静かな時間

Photo_3
※1

その静かの中では
劇的な変化が起こる

3

全く姿の違う生き物がさなぎから生まれて来る

生まれた証しかの様に、尻尾からピュッと水分を飛ばす

ゆっくりとしかも力強く翅を伸ばす

Photo_4



一連の流れを何度も見ているとそれが当たり前の様に思えるのだが、

時としてとてつもない衝撃を受ける事がある。


それは、羽化すると思っていた蝶・・・

さなぎから出て来たのは蜂であった時。

その時のショックは、今でも脳裏に焼きついている。

自分が生きていくための知恵としてのその蜂に備わった行動だから
決して責めるわけには行かない。

あらためて蝶として生まれる事の難しさを知った時。



今も毎日のように新しい卵や産まれたばかりの幼虫を見つける。

その周りには蟻が居たり蜘蛛が潜んでいたり。


山椒の木が大きいので、少し大きくなった幼虫は木の奥に入ってしまうと
中々見つからない。

だから、元気良く育って蝶になる事を願います。



写真の日付はバラバラです。10年前の写真と今年っていう・・・(^^ゞ
※1)この写真のみカラスアゲハです

2008年5月27日 (火)

布団の中の宇宙

布団の中の生命の営み

…ん?
や〜ね!違うってば
┐(´▽`;)┌

さて、我が家の猫ちゃん。

だんだんお腹が大きくなって来て、今か今かと待っていましたが、まさか26日朝に産むとは思いませんでした(^-^;

日曜夜はいつもの様に洗面台の中にいました。
一度外に出そうとしたけど嫌がるので、私の部屋のミーコちゃんお気に入りのムートンの上にのせました。

私のテニス肘は寝不足厳禁で、夜中12時を挟んで最低8時間睡眠を取る事と整骨院の先生に言われています。
平日は絶対無理なので、土日、出来るだけ夜11時には寝ようと血の滲むような努力をしています。
日曜映画【コンスタンティン】が始まる前に家事を終わらせ、映画見たらすぐ眠る予定でした。

所が映画終わって洗面台に行ったら、ミーコが慌てて着いてきて落ち着きなく鳴きます。
それから前に立って進み、私は下座敷に誘導されました。

前日まで障子はビリビリに破かれミーコの隠れ場所になっていた下座敷。
ここで赤ちゃん産まれたら大変とワタクシ、日曜夕方に障子貼りましてん。

「開けて」
と鳴くから仕方なく赤ちゃん用に用意しておいた箱に入れてあげました。
ところが時々入って寝ていたその箱をピョン!と飛び出して鳴いてまとわりつきます。
この際、ムートンダメにしてもいいからそこで産んでね!と、よもや本当に産むとは思わずに、ムートンの上にミーコを置きました。

それが11時30分を過ぎたあたり。

夜中1時に私の布団の中で落ち着かないミーコ。。。

そしてか細い鳴き声が。。。

   え゛!?( ̄▽ ̄;?

う、産んでる?

私の布団の中で!?

私の横で!?

時は1時30分

2匹。

廊下を通った息子に声かけて布団をめくって様子を見てもらいました。
だって私、半分寝ていて夢うつつ。
「何てとこで産んでるんだよ(笑)」

200805260645001_2


布団の1/3しか使えなくなった私は、別の所に寝ればいいのに、眠さがまさり、ネコの陣痛を半分子守唄にウトウト。

もはや思考停止状態。

枕と肩、首の間がモゾモゾすると思ったらふわふわな毛になった真っ白ちゃんが(・・;)
ずらしてもずらしても潜り込む。

再び時は3時30分。
足元にムニョムニョと。

3匹目(-_-;


5時30分過ぎ、もう寝ていられないと布団をはいで母に見せてあげました。

ミーコは疲れたのかムートンに戻ってすやすやと。

200805260645002_2

母とかわいいね、などと会話していたら、ミーコがまた私の布団の上に来て自分の体を舐め始めました。

そこにまだ目もあいていないチビちゃんが寄っていきます。
体を舐めながらチビちゃんもついでに舐め、チビちゃんはおっぱいを飲もうとしたとたん、ミーコは向きをゴロンと変えて

4匹目出産(O.O;)(oo;)

200805260645000_2

初めて臍の緒を切るところ見ました。

昨日までのミーコちゃんは今日からお母さんです。

私の高級なシーツ1枚、ダメになりました。
仕方ないけどしょうがない。
でも、眠いよ、ミーコちゃん。お仕事にもならないよ(>_<)

200805261759000_2

。。。何か柔らかい生地を、と母が持ってきた父の古い寝巻きの上でスヤスヤ



5月28日 : 昨晩携帯からの投稿だったため画像がフルサイズになっていました(>_<)
しかも26日に書いたそのままを27日にアップしたので昨日だか今日だかがごっちゃに。直しました。

しかもしかも写真の順番が全くの正反対(汗)で縮小し、並べ替えました。
ごむんちょいm(__)m

2008年2月10日 (日)

SilentDays

雪の上のいくつかの

あしあと




1


ミーコ?







2

カラス?








3

ニアミス?









4

ん?

このおっきい足跡は







5


もしかして、キツネ?

それを知らずに小鳥が交差








そして、空からの雫と思いきや


6

巨大氷柱

直系5cmあるのも。








7

せまり落ちてくる様な。。。。




静かな午後は雪解けの音が聞こえる。

2008年1月15日 (火)

新しい年の猫・月・氷

今年に入っての風景写真色々



まずは、我が家の猫ちゃん。
みーこはおっきくなりました(*^_^*)

Photo






Photo_4




1月6日夕方、キツネ現る!

Photo_5



Photo_6

立派なしっぽ(>_<)






1月10日の二日月。

Photo_7



同じ光を浴びた飛行機が横切る。

Photo_8





1月13日の朝は雪

Photo_9





Photo_11

日陰では雪解け水が葉を濡らす。






1月14日には

1

みごとなまでの氷の世界。





その下では


2

氷が葉を覆って光を浴びてる。







夢を見ているのかな?って思ったら

Photo_12




みーこが現れた(*^_^*)








2008年1月 5日 (土)

内陸に海鳥?

昨日のランチは、

飛騨牛のサーロインステーキランチ。

・・・どうもお料理の写真は撮り忘れてしまいます。

そして、白鳥を訪ねてドライブ。

いたいた!

何故こんな所に?って位、田んぼの中に沢山の白鳥。

【田んぼに白鳥】

1

ここはいつの間にやら観光客のたまり場になってしまった。

まだ色が灰色がかった幼鳥もいるね。

で、もう一つ。なんでこんな所に?って鳥が。

私とlyraちゃんは「ウミネコだ」「いやカモメだ」とはしゃぐけど、はしゃいで解るものでも無い。

でもあれって海鳥だよね?

じゃぁなんだろう?

って、取り合えずパチリ。

【信州に海鳥(?)】

Photo_2

その後、羽根をバタつかせる白鳥3羽が離陸体制に

2

そして、

31

・・・ケリ入れられたその海鳥もどきは、きっと白鳥の視野に入って無かったんだね。

可愛そうに。

4

そして飛び立った白鳥をカメラで追うも、速くて追いつけない。

「白鳥って、飛行機より速いんだ」

「・・・・」(-"-)。

飛んで行った白鳥の行方を追って、もう一つの場所へ。

6

こちらは犀川ダム湖。

一昨年の大雨で崩れ、地形が変わってしまったため、白鳥が少なくなってしまったけれど、優雅に泳いでいます。

5

51

Img_4146

こんな優雅な白鳥と景色を満喫し、帰途に着く時に

車の中から羽根が乱れたトンビを見つけた。

「トンビって・・・」

と言って続いた私達の言葉がほぼ同時に口を突く。

「あのトンビって」

「野武士みたい」 by Lyra

「落武者みたい」 by Eta carinae

な~んで「野武士」だの「落武者」だのが出て来るんだろう(;-ω-`A)






似合わない。絶~っ対!似合わない!!

まぁ、それはそれとして、

この鳥さん、どう調べても

ジョナサン

Photo_3

いえこれは、この嘴の赤い部分が。。。


セグロカモメ、もしくはオオセグロカモメ、あわよくばユリカモメ

ましてやカモメハカモメ

よく分かりません(^^ゞ何でしょうか。

だけど、川や湖には居ないって。

なんで居たの?

もしかして、私へのお祝いですか~~~~(*^▽^*)/

2007年11月27日 (火)

1人と1匹の来訪者

「バオー」って名前にしようか?

・・・って、オイ(-"-)

この夏、我が家にやって来た生後1ヶ月くらいの赤ちゃんニャン子。

最近ひょんな事からつい障子に穴をあけてしまったので気になっていたけれど、長男が

「おかあさん」

と笑いながら(多分)障子の穴から、ニャン子ちゃんを覗かせた。

それが始まりだった。

夜。いつもは私の部屋のすぐそこの廊下のロッカーの中で寝ていたのに、突如この障子の穴を突き破って私の部屋に入って来た。

そして私が呆気に取られていると

「餌ちょーだい」と一声、ンミ!と鳴いて、入って来た所から出て行った。

こうしてボロな家のボロな障子の穴は瞬く間に広がって行ったよ。

四季の移り変わりを言葉で表しなおかつ実践したいと思っている私は、これはチャンス!とばかりにいつもより1ヶ月早く障子貼りを始めちゃったね。

障子を貼るのは秋の終わりの季語。

小春日和の中で障子を洗ったり貼ったりし、お正月を迎える。

この前の土曜日、そんな季語を実践して自己満足でルンルン((´I `*))♪

ところが家族から一言。

「1枡切り込み入れなさい」

・・・って(*・○・)=3はぁー?

しかしその1時間後、私の夜の生活を変えてしまう事を予感させる、ありえない自体が持ち上がったのだ!

貼ったばかりの障子に1本の切り込みが!

鋭い何かで開けた後、ザザザッと下に滑らした様な・・・

Σ( ̄ロ ̄lll)やられたっ!


そんな訳で、

Photo

暖かい空気はココから抜けて、寒い風と同時に入って来るものは・・・






Photo_2

こにゃにゃちわ。





Photo_3

ちょっとおじゃまします。

障子に補強がなされて居る所、しっかり私の受け入れ態勢が出来ているのね。

うん、良い傾向だと思うわ。






Green

入って来ましたけど、何か?

え?私の目?

血統書付きの母親譲りの緑色した目ですが、私ですか?

私は雑種だにょ。





Photo_4

あ、私の名前はミーコですよ。

おしゃまなミーコです。

決してバオーではありませんからねっ!

でも、写真はキライ。

撮らないでって言ったのに。


Photo_5

んじゃちょっと遊びに行って来ま~す。




今夜また誰もが寝静まった丑三つ時に、彼女は廊下で一声

「ミ」

と鳴いて入って来て、

喉を鳴らしながら私の顔に近づいて来るんだろうか。

そして朝まで・・・(=・_・=)






と思ったら、

バイトから帰って来たこの秋からの参入者のもう一匹が、出て行ったばかりのミーコを

ちゃ~らららら~♪

とこんな格好で歌いながら部屋に進入。



Img_4036





「ユパさま、この子を私に下さいな」





と・・・

笑いが止まらなかった(^^ゞ


夏と秋に我が家に来たこの2匹。。。

賑やかになりました。

2007年10月19日 (金)

【かめだけ】と言えば

《アンケートは終了しました~》

再び作って見ました。

あら?どなたかしら。

「器キター」

って喜んでいるのは。

って事で

【かめだけ】

と聞いて頭から離れなかった事でアンケートを作って見ました~。

Thanks!HP banner

  • 365 Days of Pooh's House
  • 365 Days of Pooh's House
  • TOILET.net 美しいトイレブログ
  • Maria's Photo Gallery~From安曇野
無料ブログはココログ

by Eta carinae